ドラマ『親バカ青春白書』の底辺YouTuberが実在!?
登録者数20人のはずが10万人に到達

毎週日曜日に放送されているドラマ『親バカ青春白書』(日テレ系列)から派生したYouTubeチャンネル「まぐろやネゴロTV」(登録者数10万人)が話題となっています。

設定上のYouTubeチャンネルが実在

とある大学を舞台に、一風変わった親子のドタバタコメディが描かれる話題のドラマ『親バカ青春白書』。
昨今のYouTube人気を反映してか、ドラマには戸塚純貴扮する“自称YouTuber”「根来恭介(ねごろきょうすけ)」というキャラクターが登場しています。

根来恭介 / 戸塚純貴
和歌山県出身、漁師の息子。登録者数がわずか20 人程度という自称YouTuber。楽して儲けたいという向上心ゼロの男で、とにかく惚れっぽい。(親バカ青春白書

漁師の息子で、根来(ねごろ)という名前からか、彼のYouTubeチャンネルの名前も「まぐろやネゴロTV」と命名されているようです。

設定上の存在と思われていたこの「まぐろやネゴロTV」ですが、なんと実際にYouTubeチャンネルが開設されており、しかも動画まで投稿されているということでドラマ視聴者の間では「ドラマの中だけかと思ったら実在してて草」「まさかの公式」と話題となっています。

 ドラマと連動して動画投稿

チャンネル「まぐろやネゴロTV」において特に視聴者の注目を集めているのが、ドラマと連動して動画が投稿されているという点。

8月2日の第1話で、根来がムロツヨシ演じる「小比賀太郎(ガタロー)」を巻き込んでYouTube動画の撮影をするシーンが放送されると、YouTubeチャンネルでもこのシーンで根来が撮影した動画が投稿されました。

第1話ではドラマに登場するキャラクターたちがスカイツリーを訪れるシーンもありましたが、YouTubeでも8月9日に根来たちがスカイツリー観光を楽しむ動画が投稿されました。

8月14日には、ドラマの放送に先行する形で動画「ダンスサークルに潜入動画!」を公開。
ドラマ公式サイトのあらすじ通り、根来がダンスサークルの様子を“盗撮”した動画が投稿されています。

さくらと共にサークル探しを続けるガタロー(ムロツヨシ)は、寛子の所属するダンスサークルに体験入部。しかしそこには踊る寛子の姿を盗撮する根来(戸塚純貴)が潜んでいた。底辺YouTuberから抜け出せない根来は、イケてる寛子のダンス動画で再生回数を伸ばそうとしていた…(#3 ストーリー

ドラマの展開を気にする視聴者の注目が集まり、この動画は急上昇ランキングでも1位を獲得、15日17時までの再生回数は130万回を突破しています。

人気沸騰、登録者数は10万人突破

公式からの告知などはまったくなかったこの「まぐろやネゴロTV」ですが、チャンネルを見つけた一部の視聴者から口コミが広がり、今ではかなりの知名度に。
ドラマ内での設定では登録者数はわずか20人程度となっていますが、実際のYouTubeチャンネルの登録者数はなんと10万人を突破しています。

ドラマのストーリーに沿った動画が投稿されているだけに、実際の登録者数が逆にドラマのストーリーに反映される、なんてことも…?
今後の展開に、ドラマ視聴者からの注目が集まっています。