レペゼン地球、炎上中の深田えいみから「大量の七味」回収。
驚きの活用術に称賛の声上がる

2020年8月18日、「レペゼン地球」(登録者241万人)が「大炎上中の深田えいみから粗末にした七味を全部もらって全部消費する」を公開。
七味の無駄遣いで炎上したセクシー女優「深田えいみ」とコラボしました。

大量の七味使用で議論を呼ぶ

事の発端は、深田えいみが8月14日に投稿したツイートでした。
カップ麺に「RTの数だけ七味をかけて食べます!!!」と宣言しますが、これに6万超のRTが付き、深田はスーパーにて七味唐辛子を大量に購入したそう。


宣言通り、カップに溢れるほどの七味を掛けた様子を投稿したところ、

食べ物を無駄にしないでくださいね

面白くないし、どうせ食べないし不快でしかないです

などの否定的なコメントや、逆にこういったコメントを

食べ物無駄にするなって言うけど、自分で買ったものやねんからよくね()

未だに食べ物で遊ぶな云々言ってる人まじで人生つまんなさそう

と批判するコメントが寄せられるなど、議論を呼びました。

消費しきれなかった七味はひとまずタッパ詰めし、冷蔵庫で保管したようです。

大喜利でコラボ予定だった

今回、銀太・ふぉい・社長の3人が深田のもとを訪ねることに。
元々レペゼン地球は深田と“大喜利”でコラボをする予定だったそうですが、今回の七味事件に興味を持ったため予定より先に深田とコンタクトを取ったようです。

6月ごろ、深田が投稿した扇情的な自撮りツイートに、視聴者が独特な視点からリプライを送る大喜利が突如発生しました。
深田はそのリプライをスクショして投稿したり、自身もボケを披露するなど、大喜利が定番化。
深田の新たな魅力となっています。


過去に何度も炎上を経験しているレペゼン地球としては、今の深田は「何しても(否定的なことを)言われる」と考えているそう。
ネットに批判的なコメントを書き込むユーザーを「多分現実で会ったらチー牛みたいな奴」など茶化したうえで、

「食べ物粗末に扱うな」みたいなめっちゃなっとったけど、七味は食べ物ではない!
あれは調味料!(笑)

とシャウト。

今回、3人は深田が保管した七味を全部もらうため、深田のいる撮影現場へと向かいます。

YouTube

撮影現場の深田を突撃レポ

マネージャーの許可のもと、撮影現場にいる深田を突撃した3人。
深田は3人が来ることを知らされていなかったため、鳩が豆鉄砲を食らったような表情です。

炎上した深田に事情を聞くと、

あれ実行しないと逆に叩かれちゃうんで…
(中略)
1回ひとくち食べたんですよ。いやもう…5分ぐらい水道から離れられなくなっちゃって。

とのこと。

撮影時間の都合上、3人は七味を受け取るとすぐに退散。
どさくさに紛れて撮影の見学を申し込むも、「帰ってください(笑)」と断られました。

YouTube

”えいみしちみ”は焼き肉店へ

回収した七味は“えいみしちみ”と名付けられ、DJ社長の先輩が経営する焼き肉店「焼肉みつくに」にプレゼント。

3人はごちそうになった焼き肉丼に“えいみしちみ”をたっぷりと掛けながら頬張りましたが、まだまだ七味はたくさん残っているようで、しばらくの間は同店で使い放題の七味として提供されるようです。

YouTube

“粋な計らい”に称賛

コメント欄には

炎上を逆手に取って、視聴者増加と深田えいみさんの好感度UPとさらに友達の店の宣伝までするというトリプル技にぐうの音も出ませんね

やっぱマジで頭いいな社長
炎上使って再生数上げてえいみの炎上収束させて七味有効活用できる所に渡して知り合いの誕生日プレゼントに宣伝してあげるって

DJ社長の“粋な計らい”に称賛の声が上がっています。