乃木坂46・白石麻衣が初のYouTubeライブ。
同時視聴25万人、再生回数は300万回を突破

2020年8月20日、「乃木坂46」(登録者数132万人)の白石麻衣が、自身初となるYouTube生配信を実施しました。

白石は、8月18日にYouTubeチャンネル「my channel【白石麻衣 公式】」(同61万人)の開設を発表。

その日の夜には、登録者数30万人を突破。これは活動初日の登録者数の記録としては、女性芸能人で最多になります。(ユーチュラ調べ)
20日の生配信直前には、46万人に達していました。
(関連記事「乃木坂46・白石麻衣がYouTube開設。初日の登録者数は女性芸能人歴代1位の見込み」)

誕生日を同期メンバーが祝福

生配信は、チャンネル開設とともに、白石の28歳の誕生日を祝うものでもあり、同じく乃木坂46の1期生である松村沙友理、高山一実が駆けつけ、誕生日ケーキとプレゼントで祝福しました。

和気あいあいとした雰囲気で話す様子や、白石の卒業に涙ぐむ姿を全国のファンに見せました。

YouTube

卒業ライブはオンライン配信

生配信終盤では、自身の卒業ライブについて言及。

白石は今年1月、乃木坂46からの卒業を発表し、東京ドームでの卒業ライブを5月に予定していました。
ところが、新型コロナウイルスの影響で卒業ライブは中止、卒業自体が延期となっていました。白石は、「グループのことを考えてもやっぱり早く一歩私が踏み出して」と胸の内を語り、オフラインのライブは難しいと判断したことから、「10月28日に配信で卒業ライブをおこなう」ことを明かしました。

白石は、

配信だからこそできることもあるし、今までの卒業ライブとはちょっと違う形になるかなとは思うけど、見てくださる皆さんのことを第一に考えて、皆さんがより楽しく、よかったなと思えるライブを作っていこうと思っています。

と、意気込んでいます。

同時視聴者数は25万人、再生回数は300万回

初のYouTubeライブということもあり、回線が途切れ、配信が中断するなどのトラブルに見舞われる場面も。

しかし、数多くのファンが見守り、この生配信の同時視聴者数は最高25万人を記録しました。

関連記事
・「『嵐』初のYouTube生配信は同時視聴78万人で日本記録
・「手越祐也、YouTube生配信は同時視聴132万人の日本記録

この生配信はアーカイブとして残されており、YouTubeの急上昇ランキング1位も獲得しています。
さらに8月21日14時現在、再生回数は約300万回を突破。
登録者数も61万人に達しており、勢いは留まるところを知りません。

「やっぱレジェンドだわ」

コメント欄では、

卒業ライブを配信にする決断、まいやんが一番辛いよね。ファンの健康を考えて苦渋の決断だったと思う。奈々未と一緒で去り際まで美しい、、、

もう再生回数異次元やん

生配信事故って、30分くらい映像途切れてたのに、20万人じっと待ち望んでいたので、やっぱレジェンドだわ

と、生配信に称賛するコメントが集まり、ファンにとっては記録だけでなく内容も伝説の放送になったようです。

白石曰く、すでに2〜3個の動画を撮影しているとのことで、これからのYouTube活動にも目が離せません。