24時間テレビ出演のヒカキン、
8年前のツイートを掘り返され慌ててツイ消し

2020年8月22日、「ヒカキン」(登録者数863万人)が日本テレビ系列の『24時間テレビ』に出演しました。

これがきっかけとなったのか、8年前にヒカキンがツイッターに投稿した文章が物議を呼ぶことに。
ヒカキンは慌ててそのツイートは削除をしたようです。

ヒカキンが24時間テレビに出演


ヒカキンは、8月22日〜23日に放送された『24時間テレビ 愛は地球を救う』のオープニングにリモートで出演。

自宅から24時間テレビに出演できるなんて思ってなかったんで、ちょっとびっくりしました。

とコメントし、

ブンブンハロー24時間テレビ!

と、おなじみの挨拶をアレンジしたものを披露しました。

テレビよりネットが面白いー過去のツイートが話題に

この出演がきっかけとなったのか、ヒカキンが8年前の2012年8月27日に、

24時間テレビやってたのかー。知らなかった。テレビがつまらんくなったというかネットが面白くなりすぎてるんだよねぇ。(現在削除済み)

とツイートしていたことが、視聴者によって発覚。

ツイッターを中心に大きな話題となり、ヒカキンは該当のツイートを削除しました。

「そういう時期もあるさ」「可愛い」

ツイートは、24時間テレビに言及してはいますが、番組を批判するというよりもネットの面白さを強調する内容。
ヒカキンは、プライベートのLINEですら「流出して良い覚悟をもって送っている」とスキャンダルや炎上へに強い警戒心を持っていることで知られており、念のために削除したのかもしれません。
(関連記事「ヒカキン、ダウンタウンなう【本音でハシゴ酒】出演」)

世間からはこのツイートに対して批判の声は少なく、炎上には至らなかった様子。

ツイッターでは、

24時間テレビ出演決まった瞬間、過去ツイ消す HIKAKINさん、可愛い

まぁ、8年前のこれdisりまでは行ってないとは私個人は思う。
それでも消す配慮を見せるHIKAKINは社会人の鏡なのだろう

この時ってHIKAKIN20代半ばでしょ?そういう時期もあるさ

と、理解を示しており、擁護する声も集まっていました。
ヒカキンへの信頼の厚さが窺えます。