女性“物申す系YouTuber”、志村けん・ヒカキンらを「クズ」と批判し
低評価87%。一部には「正論」との声も

へライザー」(登録者9140人)の公開した動画が物議を醸しています。

過去10回“垢BAN”を経験?

へライザーは、YouTubeや芸能界などの時事ネタに持論をぶつける、女性としては珍しい“物申す系YouTuber”。
時事ネタに対し暴言とも取れるような意見をぶつける過激な動画が多く、2020年8月16日公開の「【重要なお知らせ】7000万人ありがとう!サブチャンネル開設しました。このチャンネルはいつBANされるか分からないです」では、

私は以前、10回ほどチャンネルをBANされたことがあります。
これは「へずまりゅう」とタイです。

と話しています。

(関連記事「へずまりゅう、2日ぶり9回目のBAN」)

志村けんさんのドラマを「感動ポルノ」と批判

8月23日、へライザーは「【24時間テレビ43】志村けんのドラマがクズ!放送事故レベル相葉雅紀の媚び!ヒカキンドン滑り!ツイート消して逃走」を公開しました。

今回へライザーが噛み付いたのは、23日放送の日本テレビ『24時間テレビ43』。
24時間テレビでは、今年3月に新型コロナウイルス感染に伴う肺炎で亡くなった志村けんさんをテーマにしたドラマを放映。
タイトルは「誰も知らない志村けん 残してくれた最後のメッセージ」ですが、へライザーはこれに

スタッフの裏話やないかい!
しかもつまんない飲み屋の話ばっかり。まさに感動ポルノ!

とシャウト。
志村けんさんを「馬鹿みたいに遊びまくって、テレビの権力をしゃぶりつく寂しいおっさん」と貶し、「それに媚びまくる社員もクソ」と「」(297万人)メンバーの相葉雅紀をも非難しました。

批判の矛先はヒカキンにも

へライザーの怒りの矛先は今年24時間テレビに出演した「ヒカキン」(登録者863万人)にも向けられました。
へライザーはヒカキンが8年前に投稿し、最近削除した

24時間テレビやってたのかー。知らなかった。テレビがつまらんくなったというかネットが面白くなりすぎてるんだよねぇ。

というツイートを取り上げ、

媚びるなら媚びる。媚びないなら媚びない。
はっきりしろ、クズ!

と主張。
これからも「消される覚悟で」ヒカキンを批判していく姿勢を見せました。
(関連記事「24時間テレビ出演のヒカキン、8年前のツイートを掘り返され慌ててツイ消し」)

炎上状態になりつつも、「正論」という声も

この動画は26日14時現在10万回再生され、高評価1046・低評価6733・低評価率は87%という炎上状態に。

コメント欄には

亡くなってない人をどうこう言うのはいいと思うけど亡くなった方の文句を言ってもどうにもならないでしょ?
よくないよ

相葉くん馬鹿にしてんのか。日本の宝に対してアンチコメントの動画出すってどうなんですか
ヒカキンさんにクズ言わないで。

といった批判のコメントも寄せられている一方、

「媚びるなら媚びる、媚びないなら媚びない」ここ本当分かるわ

なんか炎上狙ってるやつのサムネしてるけど、言ってること普通に正しいよな

へライザーの意見を正論と見なすコメントも寄せられています。