200万登録の韓国人YouTuberにレイプ疑惑。
泥酔して「覚えていない」とも

今月24日、韓国の男性YouTuber「Daud Kim」(登録者数228万人)のレイプ疑惑が報じられました。
これについてDaudは25日、「I am Daud」を投稿し、報道にあったレイプ疑惑について言及しています。

 

人気YouTuberのレイプ疑惑報じられる

マレーシアのニュースメディア「Hype」は今月26日、韓国の人気YouTuber「Daud Kim」によるレイプ疑惑と、被害者女性による証言を報じました。
(参考:「Korean YouTuber Daud Kim Under Fire Over Sexual Assault Allegation」)

被害を受けた女性は記事の中で、韓国への旅行中にDaudに襲われたとして、

Daud Kim tried to rape me in my sleep.(Daud Kimは寝ている私をレイプしようとした。)

He deleted his apology and blocked us so he can continue to manipulate millions of his subscribers.
(彼は謝罪投稿を消して私たちをブロックすることで、今も数百万人のファンを操り続けている)

とDaudの卑劣さを訴えたほか、今もなおDaudのファンから嫌がらせを受けていることを告白しました。

Daudは飲酒理由に「覚えていない」

これについてDaudは25日、自身のYouTubeチャンネルで動画「I am Daud」を投稿しました。

Daudによると、被害者の女性とは事件当日、韓国のとあるクラブで知り合ったとのこと。
連絡先を交換し、女性の宿泊先を訪れたとするDaudですが、大量のアルコールを摂取していたためその後の記憶がなく、レイプ疑惑についても「覚えていない」とコメント。
警察の事情聴取に対しても、記憶がないことを理由に容疑を否認していたことも明かしました。

ただしその後、被害女性の訴えを聞くうちに自身の犯行を認識したとのこと。
事件翌月には被害女性に直接謝罪しており、女性もこれに応じたため、事件による逮捕は免れたと話しています。

YouTube

謝罪投稿削除には反省、涙ながらの謝罪も

この事件ののちインスタグラムに謝罪文を投稿したものの、わずか1カ月後に「批判を恐れて」、この投稿を削除したと話すDaud。
Daudは自身の行為について「very unrespectful(とても失礼だった)」だとして、反省の意を述べています。

事件をきっかけに翌年、Daudはイスラム教に改宗したとのこと。(イスラム教ではお酒が禁止されています。)
日々自身の行いを悔い改めながら過ごしているとするDaudは、被害者女性と事件をきっかけにショックを受けたファンに対して、涙を流しながら謝罪しました。

動画は27日18時までに70万回以上再生されていますが、高評価率は86.4%(高評価7万、低評価1.1万)。
コメント欄では、Daudの反省を素直に称賛する声や、事件を通じてアルコールの危険さを再認識したとの声も寄せられています。