はじめしゃちょーが8周年記念し「YouTuberあるあるソング」公開。
作詞・作曲は岡崎体育、MVに豪華ゲスト

2020年8月31日、「はじめしゃちょー」(登録者数891万人)が活動8周年を報告。
翌日にはオリジナルソング「YouTubeあるあるソング」を公開しました。

チャンネル開設から8年

2012年8月31日にYouTubeチャンネルを開設したはじめしゃちょー。
チャンネル開設8周年となる2020年8月31日、はじめしゃちょーは動画「チャンネル開設して8年。そして重大な報告です。」を投稿し、「いつも見てくださって、みなさんありがとうございます」とファンへの感謝を述べました。

8年という節目に感慨

開設8周年という節目にあたって、はじめしゃちょーはYouTubeへの思いも吐露。

いや、早かったっすね。
てか8年って、どんだけ俺長い時間やってんだって。

自分の頭をなでて、8年間もYouTube活動を続けてきた“はじめしゃちょー”を労ったほか、

8年も物事続くことってなかなかないと思うんですよね。
多分YouTube以外に8年間続いてることって、無い。

自分の中でも、YouTubeなくすと本当に何も残んないなってくらい、凄いいろんなことやってきたなって思っております。

との感慨もあらわにしました。

9年目にはアーティストデビュー?

またこの動画の中ではじめしゃちょーは「重大発表」として、

ちょっと(スケジュール)詰め詰めで、実は“あること”をやっておりまして…

と、8月の間で何かしらの企画を用意していたことを発表。
この企画の集大成は「9月1日の19時」に投稿される動画で明らかになるとのことですが、その予告としてミュージックビデオのようなショートムービーを公開したほか、

岡崎体育さんが作曲してくださっております。

何するかとは言ってないです。なんのためにボイトレしてたかも、言ってないです。

と、シンガーソングライターの「岡崎体育」(登録者数12万人)の名前や、「ボイトレ」といったアーティストデビューを匂わせる単語を連発させました。
記念すべき「8年目(9年目)の動画の1本目ということで…」と、翌日投稿される動画に並々ならぬ意気込みも語りました。

「YouTuberあるあるソング」公開

(9月1日追記)

9月1日19時、はじめしゃちょーのYouTubeチャンネルでオリジナルソング「YouTuberあるあるソング/はじめしゃちょー【MV】」が公開されました。

歌詞のほとんどが「逆光で顔が見えない」「挨拶クソダサい」といったあるあるネタで構成されたこの「YouTuberあるあるソング」。
“盆地テクノ”岡崎体育作詞のもと、この日のためにボイトレで鍛えたはじめしゃちょーが明るく歌い上げました。

また公開されたMVには「ヒカキン」(登録者数866万人)や「フワちゃん」(同72万人)をはじめ多数の人気YouTuberが出演するなど、非常に豪華なつくりとなっています。

(動画の公開をうけ、タイトル及び記事の内容の一部を変更、追記しました。)