渥美拓馬、退去勧告を受ける。
思い出の道具は視聴者に格安で販売

渥美拓馬」(登録者51万人)が住む別荘の大家から、退去を勧告されたことを報告しました。

渥美は愛知県を中心に活動する釣り系YouTuber。国内だけでなく、海外への遠征も数多くこなしてきました。
渥美は愛知県知多半島の海辺に別荘を借りました。敷地に作った池やBBQスペースは動画で何度も登場しています。

2019年9月、渥美は難病の「急性前骨髄球性白血病」を発症したと発表。「じゅえりー」(同41万人)や「きまぐれクック」(同376万人)かねこら多くのYouTuberが渥美の体調を案ずるなど、大きな話題となりました。
その後、治療の甲斐あって今年5月に退院。徐々に日常を取り戻しています。

関連記事
白血病患った渥美拓馬が無事退院。9カ月の闘病生活を振り返る(2020年5月16日)
白血病告白の渥美拓馬について、じゅえりーが胸中を明かす(2019年10月3日)
釣りYouTuberの渥美拓馬が白血病を公表(2019年9月28日)

買い手が現れたら手放す契約だった

2020年9月12日、渥美拓馬が「【謝罪】退去宣告を受けました。家が無くなります。」を公開しました。

動画には渥美の友人であるかねこと「にしやん会長」(同19万人)が登場しました。

渥美によると、大家から退去勧告を受けた理由は、別荘のある土地に買い手が現れたため。
渥美はこの土地を月2万円で借りることができていたそうで、大家に「何でもしていいよ」とは言われていたものの、

(土地の)買い手が現れたら、退去してくださいね

という約束を交わしていたそう。
土地の売値は「結構する」ものの、両隣が廃墟でモノが錆びやすい海沿いということもあって、大家も「よっぽどのことじゃないと買い手はつかないよ」と話していたそうですが、今回「いきなり」買い手が見つかったそうです。
渥美は10月末までに、契約通り退去しなくてはなりません。

YouTube

渥美ら3人のYouTuberたちは、この別荘で撮影したことなど思い出を振り返り、

渥美)もう…家みたいな感覚だからね。
かねこ)家追い出されたみたいなんだ!?
渥美)ほんとそうだよ(笑)
にしやん)2年間だもんね

と寂しげな様子を見せました。

大量のモノを視聴者に販売する

さらに渥美は土地を「買ったときの状態に戻す」ことを大家と約束していたそう。土地を返すだけでなく、以前作った池やBBQスペースを更地にする必要があります。
また、数年間生活したなかで集めた大量のモノをどうにかしなくてはなりません。

そこで渥美は「捨てるってのももったいないんで」と、別荘にあるモノを一部視聴者に販売すると発表。
販売は別荘のある愛知県南知多町まで取りに来られる人限定で、渥美のツイッターのDMを通じて申し込みを受けるとのことです。

YouTube

その後、渥美ら3人は“思い出の品々”に値札を貼り付けていきました。
包丁やコンロなどの料理道具、工具に釣り用のカヤックや耐火レンガなど、商品はさまざま。視聴者が引き取る手間も考慮し、どれも破格の値段が付けられました。
YouTube

視聴者にとっても思い出深い別荘

この別荘は、ファンにとっても思い出深いものとなったようで、コメント欄には

別荘なくなっちゃうの悲しいなあ
いい買い手がつくといいですね

えー😱💦別荘が退去宣告されるなんてビックリしました💦
それは仕方ない。
でもたくまくんが使っていた別荘の動画は本当に楽しめたので思い出になりましたが寂しいけど幸せでした。

といった悲しみのコメントが多数寄せられています。