立花孝志と後藤輝樹がキックボクシングで殴り合い。
都知事選でぶっ飛んだ政見放送の2人

2020年9月13日、異業種格闘技戦『HATASHIAI』が開催され、NHKから国民を守る党の「立花孝志」(登録者数45万人)と、放送禁止用語を連発した政見放送で注目を集めた「後藤輝樹」(同11万人)がキックボクシングで対決しました。

関連記事
立花孝志、政見放送で喘ぎ声を上げ、NHKキャスターの不倫を“実演”
後藤輝樹が政見放送で禁止用語連呼、YouTube動画の再生回数は400万回を突破

『HATASHIAI』は、「堀江貴文」(同117万人)主催の「ホリエモン万博」で誕生した素人格闘技イベント。
「必見!!!!コロナを吹き飛ばす戦い!!自粛の場合ではない!!!」というキャッチコピーで、今年7月に都知事選で戦った2人がリングで殴り合います。

体格差のある立花と後藤

立花が身長179センチ・体重97キロに対し、後藤は身長170センチ・体重59キロ。
体重差は38キロあるため立花が有利かと思われますが、年齢は16歳差あり、立花のスタミナが持つかが勝負の鍵とされていました。

リングに現れた立花は、いつものスーツ姿の上にヘッドギア、グローブ、ファウルカップ、レガースをつけた姿で登場。
立花は、スタミナを生かしたトリッキーな攻撃を仕掛ける後藤に動じず、重いストレートで反撃します。
1ラウンド目には、左ストレートが後藤の顔面捉え、ダウンを奪う場面も。(4:29〜}

2ラウンドの激闘の結果は、立花の判定勝ちとなりました。

YouTube

「NHKをぶっ壊す!」

結果発表後、拳を交えた者同士で称え合う場面も。

優勝インタビューで、立花は「(スーツ姿は)やりづらくなかったですか」という質問に対し、

選挙妨害の時これで戦わないといけないので

と、コメント。

最後に、おなじみのキャッチフレーズ、

NHKをぶっ壊す!

を披露し、インタビューを締めくくりました。

後藤輝樹も、

お前ら愛してるぜ!

とコメントを残し、大会MVPも獲得しています。

「クセ強い者同士見てて楽しかった」

コメント欄では、

立花さん強いなぁ。
後藤てるきは細マッチョだし。
クセ強い者同士見てて楽しかった

立花さんと後藤さん、政治や選挙の場で力を合わせることはたぶん無いだろうけど、なにか友情のようなものを感じて温かい気持になれました。ナイスバトル。

と、両者の健闘に拍手を送る声が集まっています。