YouTubeがTikTok風の短尺動画サービス
「Shorts」を開始

2020年9月14日、YouTubeが新たな動画サービス「Shorts」を開始すると公式ブログで発表しました。
(参考:YouTube Official Blog「Building YouTube Shorts, a new way to watch & create on YouTube」)

TikTok風の短尺動画サービスをYouTubeがスタート

Shortsは、TikTokのような15秒間以内の短尺動画を作成できるサービスで、撮影・編集・公開までスマホのみで完結し、

・複数のビデオクリップを連結し、1つの動画を作成するマルチセグメントカメラ
・大量のライブラリの中から楽曲を選択可能
・スピードコントロール
・ハンズフリーでの撮影を容易にするタイマーやカウントダウン機能

が特徴とのこと。

ShortsはYouTubeアプリの1機能として利用でき、現在はAndroid版のみのようですが、今後iOSにも対応予定。
まずインドでベータ版として公開され、それ以外の国にも今後数カ月内に展開していくもようです。

YouTube

YouTubeのサイトも短尺動画向けに改修

最近YouTubeのアプリやウェブサイト内には「ストーリーと短い動画」として短尺動画をピックアップするコーナーが登場していますが、Shortsのリリースに合わせ、スマホ縦置きでの表示やスワイプで次の動画を見られる機能が実装されました。

こちらでも今後数週間~数カ月に間に、動画作成ツールの提供や新たな視聴方法の導入などをおこなっていくとのことです。

YouTubeのサイトも短尺動画向けに改修

短尺動画やスワイプ操作はTikTokの特徴で、Shortsは明らかにTikTokを意識したもの。

Shortsがまずリリースされるインドでは、6月29日に安全保障上の問題を理由に中国製アプリの使用禁止が発表されており、現在インドではTikTokが利用ができなくなっている上、TikTok自体もトランプ大統領の警告を受けてサービスの継続が危ぶまれている状態です。
(参考:東洋経済「インド『中国製アプリ禁止』でTikTokに大打撃」

ちなみに、インスタグラムはShortsより一足先に短尺動画サービス「リール」をリリースしています。