フィッシャーズ、『ヒルナンデス!』に出演 楽しい遊びを教える

2020年9月21日、「フィッシャーズ」(登録者数648万人)のシルクロードとンダホが、日本テレビ系の人気番組『ヒルナンデス!』に出演。楽しい遊びでスタジオを沸かせました。

シルクロードとンダホが解説役

この日の紹介VTRで、“小中高生のアイドル的存在”と紹介されたフィッシャーズ。
続けて同じくナレーションで、「本日は楽しい遊び&人気動画の裏側をスタジオで教えていただきましょう」と告げられたあと、シルクロードとンダホが、過去YouTubeでも実際におこなった2つの遊びを解説しました。

ダンシングジェスチャーゲームに黒沢かずこ絶賛

1つ目が、7月12日に投稿した「【大流行】ダンシングジェスチャーゲームが超楽しすぎてテンションアゲアゲwww」でも紹介している「ダンシングジェスチャーゲーム」。
指定された曲をヘッドホンで聴きながら、その歌詞を体の動きだけで表現し、相手に伝えるゲームです。

ンダホはゲームの注意事項として改めて、

「歌ったり、口を動かしたりするのはダメ。体の表現のみで」

と言っていたのですが、挑戦する森三中・黒沢かずこは、指定された曲名を見た瞬間、

みんな知ってると思います。なんなら口ずさんじゃう。

と発言。シルクロードとンダホは笑いながら、両手でバツ印をしていました。

そして早速、黒沢のジェスチャーがスタート。ちなみに曲は、ゆずの『夏色』。彼女はヘッドホンをつけながら自転車を漕ぐ仕草をして、共演者に必死に伝えていました。またゲームの感想を聞かれると、

めちゃくちゃ楽しいです!これだけでヒルナンデス、2時間いけますよ!

と絶賛していました。

カメラボクシングで、ンダホが堀田茜と対決

続いて紹介されたゲームが「カメラボクシング」。フィッシャーズは4月3日に投稿された動画「新競技カメラボクシングが誰でもできてめちゃめちゃ面白いwww」でも紹介しています。

この対決ゲームは、スマホカメラを使います。
お互い向き合い、足は動かさずに上半身だけでかわしながら、相手からのカメラ撮影から逃げるというもの。
1回パンチを繰り出すごとに、シャッターを押します。きちんと顔が認識できる写真が撮れたら1ポイントになります。

ちなみにこの動画では、攻撃に必死なンダホの姿がおさめられています。

YouTube

今回は、そんなンダホとモデル・堀田茜が対決です。
顔を上下左右に振り回す彼女に対して、ンダホは体の大きさをものともしない激しい動き。ここからテレビを見た人はびっくりしそうです。

南原清隆はンダホの運動神経に、

あの体でよく動けるねぇ!

と感心していましたが、ンダホは、もはや息も絶え絶え。奮闘もなしく、ポイント数2-4で堀田に敗れてしまいました。

ちなみに、ゲームの合間には動画の再生数の上げ方として、シルクロードが、サムネイルの文字を右下の再生時間でわざと隠したりすると告白。これに対し藤田ニコルから

「あざといよ~! あざとくない?」

と指摘されると、シルクロードは

「あざとさ大事」

と即答していました。