VTuber・魔界ノりりむが知識ゼロから積分の難題に挑戦!8時間の生配信にファン感涙

にじさんじ」(登録者数42万人)に所属するバーチャルYouTuber「魔界ノりりむ」(同15万人)が、まったくの知識ゼロの状態から「積分」の問題に挑戦。
グウェル・オス・ガール 」(同9.6万人)との8時間にわたる勉強の末、見事難題の回答を導き出しました。

10歳で不登校(自称)が高校数学に挑戦

2020年9月19日、グウェルのYouTubeチャンネルで生配信「魔界ノりりむが 積分の問題を解けるまで おわれません 【にじさんじ】」が実施されました。

高校数学で扱われる「積分」の問題に挑戦したのは、幼気な容姿が特徴的な女性VTuber・魔界ノりりむ。
年齢10歳、不登校を自称するも「地頭はいい」と話すりりむと、過去の家庭教師の経験もあってか自信満々な姿を見せるグウェル、それぞれの思惑のもと配信はスタートしました。

前途多難なスタートも…

動画冒頭では、りりむの実力を測ろうとしたグウェルから、簡単な二次方程式が提示されました。
ところがりりむは、

(グウェル)y = x2 + x + 5 っていう式があります。…これ“x”って分かりますか?
(りりむ)いや分からない。“y”も分からない。この上に“2”があるのも分からない。

と「まったくわかりません」発言。
さらには小学校レベルの算数「分数」の知識すら不安に感じさせる発言も飛び出すなど、2人の自信とは裏腹に、配信は前途多難さを感じさせるスタートを切りました。

そんなりりむに対しても、グウェルは「わかんないことを教えてくれる生徒ってすごくいい生徒」と前向き発言。
変数記号である“x”を人気ゲーム『ポケットモンスター』のメタモンに例えて話を続けたり、丸いピザを切り分けるさまに例えて分数を解説したりと、面倒見の良い教師を演じきりました。

数学はダメでも思考は“天才”?

そんなグウェルの解説の傍ら、りりむからはこういった鋭い質問も。

(変数の)“y”に明確な数字という概念がないんだけど、そこを数字化してしまうことで、それは本当に“y”なのかっていうことになってしまうんだけど…。

(乗算記号としての“×”(かける)と、変数を表す“x”(エックス)を見比べながら…)
なんで“x”(エックス)にしたのかな?(中略)似たようなものがあるんだから、それに似たようなものを持ってくると後々面倒臭くなるっていうのは分かるじゃん?

こういった質問に対して、教師役のグウェルも「気になるな。1回そこ調べます」と、授業から脱線して数学記号の起源や歴史を解説し始めるシーンもありました。

数学に関してはまったくの初心者ながら、ことごとく教師を唸らせるような質問を連発するりりむには、視聴者も思わず「天才か」「哲学始まった」といった声も上げました。

8時間にわたる授業の末、ついに

時には小学校レベルの授業に戻り、時には脱線もしながら、気づけば2人の授業は開始から8時間が経過。
必死の授業が実を結び、りりむがなんとか正解を導き出すと、視聴者からは多額のスーパーチャットと共に「おめでとう!」「感動した!」「凄い!」といった声が殺到しました。

YouTube

また配信の数日後にも、りりむは自身のチャンネルで積分の問題に再度挑戦する生配信を実施。
こちらでも複数の問題に挑戦、グウェルの手助けなしに見事正解を導くと、教育YouTuberで元予備校講師の「ヨビノリたくみ」(登録者数53万人)からも絶賛の声が上がりました。

YouTube