ヒカルとよりひとが初共演、ヒカルは終始よりひとを圧倒。

2018年12月4日「ヒカル」(登録者数285万人)が、物申す系YouTuber「よりひと」(48万人)と動画上で初共演しました。

 

低姿勢な「よりひと」とぶっきらぼうな「ヒカル」

「よりひと」は冒頭、

「マホトくん以来ですね、こんなに緊張したのは」

と話し、終始低姿勢。
これに対して、「ヒカル」はぶっきら棒な受け答えで、対照的な態度の二人でした。
 

VAZとスカイピースのファンのトラブルについて

「よりひと」は、スカイピースのファンと、スカイピースの所属するVAZの間でのトラブルについて述べ、

「VAZがスカイピースのリスナーをブロックしたとか、怒鳴ったとか、グッズの売り方が卑怯なんじゃないかとか、僕のリスナー人たちが、VAZに対しての不満がすごい」

と、VAZのトップYouTuberである「ヒカル」について見解を語ってほしいと述べました。
 

VAZは管理ができていない?

「よりひと」が、UUUMがそういう批判を言われるスキが無いのに対し、VAZはスキが多いのではないかという考えを述べると、
「ヒカル」は

「そのまんまなんじゃない?」
「管理ができてないんじゃない?」
「改善しようとはしとるやろうけど、(中略)人がやることやから、ミスしたくてしとう訳じゃない」

と常識的なコメント。

 

スカイピースはVAZだから一番でいられる

「よりひと」はリスナーから、スカイピースはUUUMに行くべきだという意見が多く寄せられていると話すと、
「ヒカル」はスカイピースがUUUMに入るのは良い面悪い面があると述べ、

「スカイピースが今VAZで一番に推されとう理由は、VAZやからやで」
「UUUMやったらさ、スカイピースって前座になってまうで」

と、「ヒカキン」や「はじめしゃちょー」「フィッシャーズ」「東海オンエア」など、スター揃いであるUUUMでは「スカイピース」はVAZ内ほどの存在感を発揮できないとしました。
 

よりひとがVAZに注意されるのは「やったらあかんことをするから」

「よりひと」は、自分がVAZからよく注意されると話し、
「ヒカル」に対し「どうにかしてもらえないですか」と訴えます。
「ヒカル」は

「俺はそれは無理や、関係ないしな」
「注意されるっていうのは、そもそもお前が結局やったらあかんことするから」
「VAZはクリエイターを守らないとあかんから、言わへんかったらおかしい」

と極めてまっとうなコメント。

「よりひと」は、UUUMから注意されることはないのにVAZからは注意されるため、

「(VAZは)器が小せぇんじゃねえかなと思うんですよね」

と発言、対して「ヒカル」は、VAZの女性クリエイターに対する発言が特に問題なのではないかという意見を述べました。

すると「よりひと」は

ヒカルさんとしゃべってると、いろいろ不満持ってる自分が馬鹿らしくなりますね

と格の違いを認めるような発言をしています。

 

仲間になりたがる「よりひと」を「ヒカル」は一蹴

「よりひと」は

「『ネクストステージ』みたいなのを作りませんか?」

と「ヒカル」「よりひと」に「レペゼン地球」を加えたチームを作ったらどうかと提案、
「ヒカル」は

「よりひとおったら難しいな」
「馴れ合いたくない」
「(馴れ合いは)シバターで精一杯」

とすげない返答。

「どうしてもダメですか?僕必要なんじゃないですか?」

と食い下がる「よりひと」に対し、「ヒカル」は

「必要ないな」
「よりひとの視聴者と俺の視聴者は被ってないからさ」
「若いやん、よりひとの視聴者絶対」

と一蹴しました。

VAZの副社長との対談で、女性ユーザの獲得が必要と語っていた「ヒカル」ですが、
(関連記事「ヒカルが事務所副社長と音楽活動をめぐり対立、会社の株を賭ける結果に」)
「よりひと」は不要のようです。

 

よりひとの「キス」提案を拒否し、そそくさと去るヒカル

動画の終盤、見どころをつくるためか

「キスしませんか」

と「よりひと」が唐突に提案すると、
「ヒカル」は拒否、
「よりひと」の前歯が黒い(虫歯のため)、頭にフケがある、ハゲてない?
などと言うと「ヒカル」は

「ええやろコラボ終わりで」
「こんなもんやろ」

と荷物を片付けだし、うなだれる「よりひと」を残し、去っていきました。

YouTube

 

よりひとを圧倒したヒカル

初の共演だった「ヒカル」と「よりひと」。

年齢は1〜2歳程度しか変わらないはずの二人ですが、
終始低姿勢で遠慮気味の「よりひと」に対し、つっけんどんでズバズバ返答する「ヒカル」の態度が対照的で、
「ヒカル」が格の違いを見せつけたように思えます。

「よりひと」が10月に「カジサック」とコラボした際(YouTube参照)は、鋭いコメントを寄せ、動画として見どころのある内容に仕上がっていましたが、今回の対談での質問は当たり障りのないものが多く、事前準備が足りていないのではと思われる内容でした。

 

もっと見る