かねこあやの著書は絶版に。
婚約者の事故死エピソードのウソ受け

2020年9月23日、「かねこあや」(登録者数42万人)が「応援して下さっている皆様へ」を公開しました。

婚約者の事故死がウソだったと発覚

かねこあやは昨年出版した著書で、元婚約者が事故死したというエピソードを記していましたが、「てんちむ」(登録者数136万人)との絶縁騒動の中、事故死はフィクションであることが発覚。

これは本のタイトルにも使われる重要なエピソードであった上、豊胸が発覚して炎上したてんちむがバストケア商品の返金を表明していたことから、「コレコレ」(同122万人)はかねこあやにも返金等の対応を促しました。
これに対し、かねこあやは出版社と協議の上、対応を検討するとしていました。

関連記事
かねこあや、てんちむとの絶縁の「真相」語る。薬物使用にも言及
婚約者の事故死はウソ。かねこあやが2人の恋人の存在を主張

著書は絶版に

かねこあやは、まず「応援してくださってる方々」や関係者に迷惑をかけたことを謝罪すると、「本の一部に事実をもとに脚色を加えた箇所」があるとして、

皆さんに混乱とご迷惑をおかけしたことの自分なりのケジメとして、書籍及び電子版書籍の全てを絶版させていただくこととしました

と発表。元婚約者の死については、

私の恋人の中には突然の不幸で命をなくしてしまった方がいます。
しかし、本の内容として書かれた人物は生きています。

と明言しました。

婚約者が妻子持ちだと発覚し、人格破綻

かねこあやによると、元婚約者とは知人の紹介で知り合い、交際を始めたとのこと。

婚約届にも記入し、具体的な結婚の話や子供の計画についても話をしていたそう。
「当然結婚するものだと」思っていた矢先、婚約者に妻子がいることが判明。

婚約者に加え、その妻からも、結婚生活は既に破綻していると聞かされたそうですが、

あまりに突然のことで、当時まだ年齢も若かった私は、今思い返しても計り知れないショックを受け、精神的に壊れてしまいました。

「人格も破綻」、「自殺未遂を繰り返し」「精神科に通院する日々」という酷い状況に陥ったとのこと。

婚約者の子を守りたい一心でウソ

それでもなんとかYouTuberとして復帰を果たしたかねこあや。

「元婚約者の社会的立場に配慮」し、「万が一、元婚約者のことが露呈したしまったときの対策」として

亡くなったことにしておけば、それ以上の詮索や個人の特定を避けれるという意見があったので

婚約者を亡くなったことにしたそう。
「傷つく必要のない婚約者の子供を守りたい一心で」事実と異なる情報を発信してしまったといいます。

自らの口から話すことにしたのは、現在「虚偽の事実が事実として勘違いされてしまっている」からだそうです。

コレコレ配信に登場した女性は不倫相手

コレコレの生配信では、元婚約者の関係者と思しき女性が電話で出演していましたが、かねこあやはこの女性についても言及。

(女性は)元婚約者の妻と言われ、勘違いされてしまっているのですが、あれは元婚約者の妻ではなく元婚約者の新しい不倫相手の女性だそうです。

と話しています。
ちなみにコレコレの生配信の際、かねこあやは女性について「私この人知ってるよ笑」とし、「嫁やで(笑)」「それか新しい女じゃん??」と答えていました。

亡くなった恋人の遺族には謝罪

かねこあやは、亡くなったという恋人についても語っています。
先日のコレコレの生配信では、10年来の親友だったてんちむが、この恋人の存在は知らないと言っており、実在自体が疑われていました。

かねこあやは、この動画を出すにあたり「遺族の方にも連絡と謝罪をしに行きました」とのこと。
自身は視聴者の疑問に答えたいという気持ちはあるものの、遺族から「これ以上の詮索や特定を避けたい」「ゆっくり過ごさせてほしい」といった申し出があったそうで、これ以上は公言できないと語りました。

今回の動画のコメント欄および評価欄は非表示となっています。

関連記事
かねこあや、てんちむとの絶縁の「真相」語る。薬物使用にも言及(8月29日)
てんちむ、海外での大麻使用を認める。豊胸手術隠してサプリ宣伝していたことも発覚(8月30日)
豊胸発覚で炎上のてんちむが謝罪動画を公開。自身プロデュースのブラは返金対応表明(9月2日)
婚約者の事故死はウソ。かねこあやが2人の恋人の存在を主張(9月5日)
炎上のてんちむがコレコレの配信に再登場、バストアップは努力の結果強調(9月6日)
今度は「臓器売買」言及の裏垢流出。てんちむが事情を説明(9月9日)
かねこあやがテレビ出演。番組はてんちむ“豊胸偽装”が罪になるかも取材(9月10日)
かねこあやがレギンス既製品疑惑を弁明。苦しい言い訳に過ぎない?(9月10日)

嘘のエピソードを強制?かねこあやの書籍めぐり出版社が関与を否定(9月24日)