ゆゆうた、白内障の手術が無事終了。
術後の痛々しい眼帯姿も公開

ゆゆうた」(登録者数141万人)が24日、自身のツイッターを更新。
先日発表していた白内障の手術が、無事終了したことを報告しました。

視力異常、重度の白内障との診断

ゆゆうたは今月4日、両目の視力異常について「重度の白内障」と診断されたことをツイッターで報告。
15日に投稿した動画では、左目が「ほぼ何も見えません」とも告白しており、ファンからは心配の声が寄せられていました。

最悪失明の恐れすらあるということで、ゆゆうたは手術を決意。
その一方でYouTube活動については「活動休止は死ぬよりもつらい」と話しており、手術日直前まで精力的な活動を続けていました。

手術前に運命?の出会いも

24日の正午頃、ゆゆうたは自身のツイッターを通じて「手術行ってきま(原文ママ)」と報告。
多数のファンが手術の行く末を案じる中、数時間後には手術が「無事終了」したことを報告しており、ファンからも安堵の声が寄せられました。

また手術の直前には、まったくの同姓同名の人物との数奇な出会いがもあったのだとか。

今回手術をおこなった左目に加えて、右目も白内障と診断されたことを明らかにしているゆゆうた。
片目の手術が終わり、ひとまずは安心といったところでしょうか。