ヒカキンが悪質なニセモノに激怒―プレゼント企画でフォロワー5万集める

2020年9月30日、「ヒカキン」(登録者数868万人)が「ブロックされたので本当に許さないことにしました。【悪質な詐欺・偽物・なりすましについて】」を公開、悪質なニセモノが現れたことを明かしました。

5万人のフォロワーを集めたニセモノ

ヒカキンによると、ニセモノはヒカキンのツイッターを「丸パクり」したもので、すでに5万人ものフォロワーを獲得しているそうです。

YouTube

この事態に、ヒカキンに対し「ヒカキンさん、やばいですよ!」といったメッセージが毎日大量に送られてくるようになったそうです。

その結果、スマホの画面をいくらスクロールしても、ニセモノに関するメッセージばかりが表示される状態になってしまっており、ヒカキンはニセモノが「僕にとっても超迷惑」と話しています。

プレゼント企画で大量のフォロワーを集める

ここまでニセモノが広まったのは、ニセモノがツイッター上でプレゼントを告知したからだそう。
ヒカキンは、ニセモノが投稿した

HIKAKINが皆さんに生きる希望として、「チュンカ or アマギフ」を全員にプレゼントします!
応募方法 フォローとRTだけ!

というツイートを読み上げると、

なんやこれお前!

と激怒。

ヒカキンは、ニセモノが何を目的として活動しているのかは分からないとしつつ、
何らかのサービスやアプリを促すものが多いといい、

ニセモノが得をするために、何か皆さんをね、騙してくる

と、アカウント情報や住所、電話番号の管理に気をつけるよう注意を促しました。

ニセモノにブロックされてしまう

ヒカキンは、実害が出たときには“大人の対応”を取ることを念頭に置きつつ、しばらく様子を見ていたそう。
ところが、なんとニセモノのツイッターアカウントにブロックされてしまいます。

ブロックしやがったよ。あぁん!?

さらにニセモノは、翌日にはツイッターのIDや名前を変えていたそう。
ヒカキンの名前を使ってフォロワーを5万人にまで増やしておいて、その後、「何かしら悪いことしようとしてる」とヒカキンは想像しています。

ヒカキンは、プレゼントなどのおいしい話は「本物かなと、1回調べてみましょう」と呼びかけています。
また、著名人の中でも最近はそうした被害にあった場合、情報開示請求などに踏み切ることが増えているといい、犯人も痛い目を見るとして「やめてください本当に」と呼びかけました。

ヒカルやラファエルも偽物被害に

ヒカキン以外にも、最近「ヒカル」(登録者数418万人)や「ラファエル」(同176万人)も同様の被害を受けており、2人に至ってはニセモノが10万人以上のフォロワーを集める事態となっていました。
(関連記事「現金バラマキに釣られ…ヒカルの“なりすまし”のフォロワー数が10万に」)

ちなみにNHKでは3月に「追跡!謎の“現金プレゼント”」で、SNS上のプレゼント企画を特集していました。
50のプレゼント企画を追った結果、

情報商材の勧誘や不正なアフィリエイト広告の温床になっていた実態だった。さらに、お金を必要とする人のフォローや友達登録が集められたアカウントは、金を生むリストとしてときに売買までされていた。(NHK

と報告されています。
SNSでのおいしい話には注意が必要です。