ねおがVAZに対し契約解除を通告。
合意なき退所へ

今年8月、所属事務所「VAZ」とのトラブルが明らかにされた女性YouTuber「ねお」(登録者数97万人)。
1カ月にわたる活動休止の末、9月から順次活動を再開させていましたが、今月1日にはVAZからの正式な退所を報告しました。

母親の告発でトラブル発覚

8月23日、母親がブログを通じて告発をおこなったことをきっかけに、所属事務所・VAZとの金銭、および待遇面でのトラブルが明らかになったねお。
(関連記事「ねおがVAZ脱退か。母親は不信感、怒りあらわに」)

公式サイトを通じて

先方(母親)が事実と異なる内容をブログに投稿したことは、誠に遺憾です(参考:VAZ「「ねおまま」のブログに関しまして」)

と、告発内容を否定するVAZに対して、「ヒカル」(登録者数418万人)をはじめ、かかわりの深い他のYouTuberからは「何も変わってない」といった厳しい指摘も寄せられるなど、騒動は波紋を呼んでいました。

さまざまな声が寄せられる中、ねおは9月1日に投稿した動画の中で「もう大丈夫です。お母さん」と、事態がいちおうの解決を見たことを報告。
ただし、VAZのウェブサイトには、所属クリエイターとして「ねお」の名前が掲載され続けており、視聴者からは今後の去就にさらなる注目が集まっていました。

正式に退所を報告

そして今月1日の18時、ねおは動画「【ご報告】VAZを正式に退所しました」を投稿。
VAZに対して、契約の「解除通知」を送ったことを明らかにし、

今日(10月1日)からフリーで活動できるようになりました。

と、報告しました。

合意にはいまだ至らず

このように「正式」な退所を報告しているねおですが、VAZとの話し合いはいまだに合意には至っていないことも明らかにしています。

特に、事務所退所の意向を示すねお側に対して、VAZ側は「辞めさせることはできません」との主張を続けているとのこと。

円満に、きれいに話が終わっているわけではないみたいなので。
この動画をあげたことによって、また事務所問題がワッとなる…事務所からいろいろ連絡があったり、ゴタゴタしてしまうと思う。

実際、VAZの所属クリエイター一覧には、いまだにねおの名前が掲載されたままの状態となっています。

VAZ

VAZ側、ねおは「弊社所属」主張

(2020年10月2日追記)
ねおの動画投稿を受け、VAZは1日の夜に声明を発表。

2016年に交わした契約書の中では「契約期間は2022年8月15日まで」となっているとして

「ねお」は、その契約期間は弊社所属のクリエイターとなります。
(参考:VAZ「ねおの動画に関しまして」)

と主張しています。

ただしこの契約書の存在や契約期間に関しては、ねおの母親から過去に「記憶のない契約書が出てきています」「契約期間がいつまでかを伺った時に事実ではない日付けを教えられた」との告発も受けていたものであり、両者の間でこの件に関するトラブルが再燃する可能性も。
(関連記事「ねおがVAZ脱退か。母親は不信感、怒りあらわに」)

事態が完全に解決するまでは、いましばらく時間が必要になりそうです。