活動再開のてんちむが視聴者に直接謝罪。
6帖1Kの新居から再スタート図る

炎上後、活動継続を宣言した「てんちむ」(登録者数136万人)が街頭インタビュー企画を実施。
今後の活動継続に向けて、視聴者に謝罪する姿勢を見せました。

炎上後も活動継続

今年8月、「かねこあや」(登録者数42万人)との絶縁トラブルの中で、過去に受けた豊胸手術と、それを隠してバストケアブラやサプリなどを宣伝していた事実が明るみに出たてんちむ。
そこに、過去の大麻使用の告発や「臓器売買」発言の裏垢の流出なども重なり、まさに批判の嵐といった状態でした。

一時は活動からの引退も示唆したてんちむですが、今月1日には「(引退は)ファンの皆様を本当に最後に裏切ること」だとして、活動を継続すると宣言していました。
(関連記事「炎上のてんちむが動画公開。今後の進退を表明」)

街頭インタビュー企画で“生の声”

この日に投稿した友人のYouTuber「しんたまん」(登録者数4.7万人)とのコラボ動画では、街頭インタビュー企画を通じて視聴者からの“生の声”と直接向き合う姿も見せました。

YouTube

インタビューの中では、てんちむが販売に携わっていた「モテフィットブラ」を購入したと話す女性からの「完全に騙された」「結構がっかり」といった厳しい声も。
そういった視聴者に対しても、てんちむは「ごめんなさい、本当に」と低姿勢で謝罪する姿を見せました。

また、自分のことを「まったく知らない」と話す人に対しても「はじめましててんちむです」「このたびはご迷惑をおかけしまして…」と真摯な対応を見せたほか、「頑張りたいって思えるよね」と、今後の知名度アップへの意気込みを語るシーンもありました。

YouTube

客観視して「良くなかった」

別のコラボ動画「てんちむと炎上について本音で話しました」の中でもてんちむは、豊胸歴を隠しての活動について

自分を客観視したときに、豊胸って事実がある以上、本当に良くなかった。

と反省の姿勢を見せたほか、

やっぱ不信感っていうのって、消えないと思います、正直。
それはもう、覚悟のうえで。

今後も信用回復に努めるとしたほか「見てて楽しいって思える動画をあげる努力はする」と話しました。

返金かさんで?引っ越しも

また、2日に投稿した動画「炎上中、ガチで家を失った」では

返金額が結構デカくて(中略)破産の可能性もゼロじゃない。

と、“全額自腹”を宣言しているブラなどの返金額がかさんだことを理由に引っ越したことも報告しています。

以前の広々とした自宅とはうってかわって、わずか6帖1Kからの再スタートとなりました。

低評価率は23%に

活動再開にあたって、このように反省の姿勢をアピールしたてんちむ。
ファンからは「がんばれ」「応援してます」といったコメントが目立ちますが、2日18時時点での街頭インタビュー動画は低評価率23.3%(高評価2.2万、低評価6700)といった評価となっています。

失ったファンの心を取り戻すことができるのか…てんちむの今後の動向には、視聴者からの熱い視線が向けられています。