よりひとが活動休止宣言。
保釈の伊勢谷友介にメントスコーラ要求して物議

俳優の伊勢谷友介被告の保釈現場に凸したとして物議を醸している「よりひと」(登録者数59万人)が2日、YouTubeに投稿した動画の中で活動休止を発表しました。

イジリ系YouTuberよりひと

ネット上では、炎上中の人物らを取り上げて持論を展開するイジリ系YouTuberとして活動している「よりひと」。
その活動スタイルからこれまでも何度も炎上騒ぎを起こしており、3月には女性配信者への暴力で逮捕(のちにヤラセと判明)、2019年9月には、未成年女性との淫行で炎上していました。

関連記事
よりひと、逮捕の事実を認める。小島ふかせへの暴行は“ヤラセ”と釈明
よりひと、17歳女性との淫行が暴露される。YouTuber仲間への嘘も発覚し大炎上

メントスコーラ片手に芸能ネタ狙う

今年2月ごろから数々の迷惑行為で知名度を急速にあげていた「へずまりゅう」を取り扱った動画なども投稿していたよりひとですが、へずまりゅうが逮捕、活動休止に追い込まれた7月以降は、今度は同氏の代名詞的存在でもあった“メントスコーラ”で、芸能ネタをターゲットとした凸企画にも挑戦するように。

7月20日にも、故・三浦春馬さんの自宅マンション前にたたずむマスコミ取材班に対して「帰ってください、迷惑なんで」と押しかけ、メントスコーラを要求する動画を投稿していましたが、こちらの動画は10月までに70万回以上再生されるなど注目を集めていました。
さらに先日には、竹内結子さん宅前に集まったマスコミ取材班にも“凸”を敢行しています。
(関連記事「よりひと、三浦春馬さん宅を張り込むマスコミに“凸”」)

伊勢谷被告に「メントスコーラお願いします」

よりひとは先月30日、今度は大麻取締法違反の罪で起訴されていた伊勢谷友介被告の保釈現場に凸し、大声で「メントスコーラお願いします!」と要求、その後警察に確保されていました。
この1件は大手メディアも「迷惑行為だ」と報道するなど、ネット上でよりひとの行動が物議を醸していました。
(関連記事「YouTuberよりひと、保釈の伊勢谷友介に凸し「メントスコーラお願いします」」)

これを受けてよりひとは今月2日、YouTubeに動画「伊勢谷友介さんにメントスコーラをお願いした事について」を投稿。
スーツ姿に神妙な面持ちでカメラの前に現れると、

伊勢谷友介さんには、まったく非はございません。すべて僕に責任がございます。
伊勢谷友介さんにメントスコーラをお願いしてしまい、本当に申し訳ございませんでした。

と、深々と頭を下げました。

活動休止を報告。復帰は明らか?

続けて「ファンの皆様、ご心配、ご迷惑をおかけして本当に申し訳ございませんでした」と謝罪したよりひとは、

私のチャンネルを、しばらく活動休止させていただきたいと思います。

と、活動を休止することを報告しました。

ただしよりひとといえば、これまで何度も活動休止宣言をしてはすぐに活動を再開させる、といったサイクルを繰り返しており、昨年2月に女性への差別発言で炎上、活動を休止した際にはわずか1日で復帰を宣言していました。
(関連記事「よりひと、活動休止から1日経たずに活動再開を発表」)

今回の動画の中でも、いま現在60万人に満たない登録者数を「四捨五入して70万人」としたり、「活動休止している間、自分を見つめなおして、メントスコーラについて考えさせていただきます」と話したりと、笑いを狙ったかのような発言をする場面もあり、面白がった視聴者からは「明日復活すると思う人」「絶対反省してないwww」といった声も寄せられています。