ヒカキン、PS5を先行体験。
コントローラーを絶賛「今までに感じたことのない振動です」

2020年10月4日、「ヒカキン」(登録者数869万人)がゲームチャンネルで「PlayStation 5」の先行体験プレイを公開しました。

YouTube Gaming Week

YouTubeは9月24日~10月4日にかけて「YouTube Gaming Week」を開催中。
ソニー・インタラクティブエンタテインメントもこれに参加しており、人気クリエイターにPlayStation 5(PS5)をプレイしてもらう「Try! PlayStation 5 on YouTube Gaming Week」を発表していました。
(関連記事「100組以上のクリエイターが参加! ゲームの祭典『YouTube Gaming Week』開幕」)

なんだこの未来感は!?

実機を前にした、ヒカキンは「なんだこの未来感は!?」と目を丸くします。

YouTube

コントローラーを手に取ると、振動したらしく、「なんか変な揺れ方してる!」と驚くヒカキン。

PS4に比べると、丸みを帯びたデザインのコントローラーは、持ち手が少し細くなっているとのこと。
ヒカキンは「持ちやすい!」とコメントしています。

続いてヒカキンは、本体にもタッチしようとしますが、本体のタッチはNGとのことで、スタッフから止められてしまいました。

揺れのグラデーション

ヒカキンは、実際のゲームも体験。
まずプレイしたのはPS5のローンチタイトル「アストロ プレイルーム」。
ゲームはコントローラーのデモから始まります。

バイブレーションの細かさに「揺れのグラデーションというか強弱感が!」と驚くヒカキン。
コントローラーにタッチパッドが装備されていることや、モーションセンサーの「まるで中になにか重心みたいのが入っているかのような、遠心力で変わる感じ」など、ヒカキンは何度も驚いていました。

ゲームの方は、可愛らしいロボット「アストロ」を操作するアクションゲーム。
操作に合わせてコントローラーはさまざまに振動しますが、これがかなりリアルらしく、ヒカキンは

手元の感覚変わるだだけこんなに変わるんだね、ゲームって

今までに感じたことのない振動です

と絶賛しています。

YouTube

中でもヒカキンが「一番すごい」といったのは、氷の上を滑る感覚。

アイス? アイス食べてるときみたいな(笑)
キンキンキンって

といい、「どうやって揺らしてるのか全くわからない」とコメントしています。

YouTube

コントローラーに息を吹きかけて操作する場面も。

YouTube

ますますゲットしたーい

ヒカキンは他にも、ルータースラッシャーアクションRPG「ゴッドフォール」や、舞台ミュージカルをモチーフとした3Dアクションゲーム「バランワンダーランド」、「デビルメイクライ5」のPS5向け「スペシャルエディション」をプレイ。

デビルメイクライでは、

1回もし遊んだことがあっても、もう別世界だよね

と映像のクオリティを絶賛しています。

YouTube

ひと通りのプレイを終えたヒカキンは「コントローラーがやっぱりスゴい」「グラフィックも綺麗」と感想。
「発売が待ち遠しい」「ますますゲットしたーい」とコメントしました。

コメント欄では、

先行プレイとかめっちゃ羨ましい!笑。

と羨ましがる声が多数。
海外からのコメントも多数寄せられていました。

ちなみに、PS5の先行体験動画は「セイキン」(登録者数387万人)、「ポッキー」(同292万人)、「花江夏樹」(同170万人)、「ミラクルぐっち」(同非公開)など、多数のYouTuberが投稿しています。