ヒカキン、QuizKnockとのクイズ対決で圧勝【YTFF2020】

2020年10月11日、史上初のアジア太平洋地域同時開催となった「YouTube FanFest(YTFF)」の生配信がおこなわれ、インド、タイをはじめ各国のYouTuberが祭典を盛り上げました。
(関連記事「YouTubeファンフェス2020開催!」)

日本のYouTuberグループ「QuizKnock」(登録者数151万人)のクリエイターステージでは、大物YouTuberらが白熱したクイズ勝負を繰り広げました。

ヒカキン、シルクらとクイズ対決

11日の22時頃から始まったQuizKnockのスペシャルステージでは、メンバーの伊沢拓司と山本祥彰が「YouTuber王」の称号をかけたクイズ対決に挑戦。
対戦相手として「ヒカキン」(登録者数870万人)と「フィッシャーズ」(同652万人)のリーダー・シルクロードが登場したほか、クイズの内容も「YTFFスペシャル YouTuberクイズ」ということでYouTuberに関連する問題づくめと、まさにYouTubeの祭典らしいステージとなりました。

 

QuizKnockとのクイズ勝負に…

クイズのスペシャリストを相手にクイズ勝負となった今回ですが、YouTuberに関する問題ばかりということで、「我々ももしかしたら、通用するかもしれませんね」と不敵な笑みを浮かべたヒカキン。
シルクロードも“YouTube界のスペシャリスト”という紹介にはにかんだ笑顔を浮かべつつ、「行ける可能性、ここ(YouTube)しかないですね」と気概を見せました。

そんな自信を裏打ちするかのように、2人は冒頭からクイズノックを相手に善戦。
1問目では、瀬戸弘司は2016年2月2日、おるたなChannelは2017年5月26日、というわずかなヒントから「チャンネル登録者数100万人を突破した日」という正解を導き出したヒカキンが1ポイントを獲得、続くクイズでも、シルクロードがYouTuberのトレードカラーに関する問題を正解し、クイズノックの2人を圧倒し続けました。

ブランド名問題では珍事も

一連のクイズの中では、YouTuberが立ち上げたアパレルブランドに関する問題も出題されました。

YouTuberが始めたブランドで、ReZARDは「ヒカル」、EDDEN ELLENは「はなお」ですが、UNVAMYは…

「UNVAMY」の名前が読み上げられたタイミングで、いち早くボタンを押したのはクイズノックの山本。
ブランドの立ち上げを発表した「ゆん」の名前を回答しますが、問われていたのはYouTuebrの名前ではなく「YouTubeチャンネル名」だったため、続けてボタンを押したヒカキンに正解を奪われることとなってしまいました。

とはいえ、はなおは今年1月にYouTubeチャンネルの名前を「はなおでんがん」(登録者数169万人)に改めたばかりであり、問題としてはミスリード感がぬぐえなかったのも事実。
(関連記事「はなお「はなおチャンネルは1月をもって終了」と発表」)

この誤答でヒカキンに一歩リードされてしまった山本、悔しさの残る結果となりました。

貫禄見せたヒカキンが「YouTuber王」に

全6問で構成された今回のクイズ勝負ですが、最終的には1人で3問正解したヒカキンが圧倒的な勝利をおさめ、見事「YouTuber王」の称号を獲得することに。
クイズノックの2人からも、「(YouTubeを)見てる差が出た」と、ヒカキンの博識ぶりを称賛する声も上がりました。

YouTube

自らもトップYouTuberとして活動しながら、今でも他YouTuberに関する情報収集に努力を惜しまないこの姿勢こそ、ヒカキンがトップたる所以なのかもしれません。