「ざまあみろ」シバター、へずまりゅう再逮捕に快哉

「ざまあみろ」

6月にはへずまから凸され、妻子をさらされたシバター。
7月公開の動画では「私が見たことある人間の中で一番邪悪。」と怒りをあらわにしていましたが、現在もへずまに対する恨みは消えていないそう。

シバターは自身が“炎上系YouTuber”であることから、自身の活動を快く思わない人もいると自覚したうえで、へずまが「自分とはまったく関係ない」周りの人(ここではシバターの妻子)に危害を加えたことに怒りが収まらないようで、

今回の逮捕で再逮捕っていうのは、「ざまあみろ」と思ってます。
おそらくは今回の再逮捕で下手したらなんだけども一発実刑。
刑務所にぶち込まれる可能性は結構高まってきた。
(中略)
ぜひともですね、刑務所に入っていただきたいと思っております。

と語気を強めました。

関連記事
「邪悪そのもの」へずまりゅう凸で妻子晒されたシバター、沈黙破り動画公開(7月18日)
へずまりゅう、シバターに“凸”。シバターの妻と赤ちゃんを動画で晒す(6月2日)

「バカにプロデュースされた奴は成功するわけない」

シバターはへずまをプロデュースしたという“いじり系YouTuber”(「よりひと」(登録者60万人)のことか)にも言及。

彼にプロデュースされたら、してもらったら、刑務所行きですよ
有名にはなれたかもしれない。だけども刑務所に行くことになりました。
彼のプロデュースって、何?なんなの?それって成功なんですか?
(中略)
刑務所に入って、で帰ってきたらYouTube永久BANで、彼は成功したかな?人生でね。

と皮肉を言い、シバターがプロデュースした「ウタエル」(同38万人)が成功を収めたことと比較して

バカにプロデュースされた奴は成功するわけない

と主張しました。
(※よりひと本人は、へずまをプロデュースをしていないと動画で語っています)

YouTube

YouTubeが生んだ怪物

シバターはへずまのような迷惑行為をするYouTuberが出現するのは「言ってしまえば YouTubeっていうものがあるから起きたことなんだよね」と持論を展開。

YouTubeでお金が儲かるから、彼は生まれてしまったわけだから。
今後もね、これを「成功例」にしてしまったらまた同じような奴が現れるかもしれない。

とし、仮にへずまが再びYouTuberとして復帰することがあっても「YouTubeは彼を絶対に受け入れてはダメ」と主張しました。

さらに、へずまの過去動画や、その話題性を利用して再生数を稼いでいる他のYouTuberを、

そんなことをやっても、結局その先はないから。
要は、「『再生数のために魂を売った奴』に魂を売るなかれ」と

迷惑YouTuberに食わせてもらって恥ずかしくないのか

と厳しく諫めました。

最後にシバターは改めてへずまに対し「彼にやられたことは一生忘れるつもりはない」と表明し、動画を終えました。

感心のコメント

シバターの真面目な語りを聞き、視聴者は

まあ当然の報いだな。伊勢谷友介に凸した奴も一緒に拘留させていい。

彼は私たちが生み出した怪物
なのかもしれない。

と感心のコメントを寄せています。

1 2