エド、1カ月ぶりに動画投稿。
闇のグループに暴行受け、血まみれに?

2020年10月18日、「エド」(登録者100万人)が「動画を出していない間に起きた事」を公開しました。
約1カ月ぶりの動画投稿となります。

詐欺グループに凸るも、返り討ちに

エドはしばらく動画投稿ができなかった理由について、具体的な詳細は伏せつつ「“やらかし”をしましてですね」と一言。

「“詐欺的な”ことをしているグループから被害を受けた」と視聴者からタレコミを受けたエド。
被害の証拠を確認したのち、エドは知人や警察に連絡するなど、入念な準備をしたうえで詐欺グループがいるとされる場所に乗り込んだそう。

しかし、詐欺グループはその場所におらず、エドは彼らを捕まえることに失敗。「俺が乗り込んだっていう事実だけ」が残ったそうです。

それから数週間、エドは普通に過ごせていたそうですが、今度は逆にエドが“尻尾を捕まえられる”ことに。

家もバレて、全部バレて。実家もバレて、全部特定されて。
で、これ以上やると、俺たぶん周りに絶対迷惑かけるなって。どうしようもなくて。

エドは「僕が蒔いた種だから僕が片付けるしかない」ということで、そのグループのもとへ話し合いに行ったそう。
そこでの会話の内容は伏せつつも、なんとか「丸くは収まった」とのこと。

しかし、「まあこうなるわけですよ」と、赤い液体が頭部から滴る映像を、モザイクを掛けてインサート。エドがそのグループの一員から暴行を受けたことを匂わせます。

YouTube

「ヤラセ」を証拠付き?で否定

普段の動画にも「ヤラセだ」とコメントされることが多いエドは、

ガチです、普通に。
なんかまた、「どうせ仕組んでる」「メイクだ」どうのこうの言い始めるやつもいると思うんで、ちょっと見ていただけると分かるんですけど

と、殴られて切れた口内や、欠けた歯を見せ、

もし俺が本当に仕組んでたとしたら、(動画に)出す!普通に、出す!うん。
出さないってことはだから、そう。

と、事件は事実だと視聴者に訴えました。

YouTube

その場では「これ以上動画には出さない」「触れない」と約束し、解放されたとのこと。

その後数週間、エドは動画投稿を休止。その代わり、別の撮影に注力したそうです。

 

次ページは「路線は変えない」

1 2