にじさんじ、VTuber金魚坂めいろの契約解除を発表

2020年10月19日、「金魚坂めいろ」(登録者数11万人)が、所属事務所に契約解除されたことが明らかになりました。

金魚坂めいろは、いちから株式会社が展開するバーチャルライバープロジェクト「にじさんじ」(同44万人)に所属するVTuber。
独特な訛りや得意なお絵かきでファンの心をつかみ、デビューから2カ月で登録者は10万人を突破していました。

契約の禁止行為に該当する発言をしていた

にじさんじは、公式ツイッターで金魚坂めいろについて声明を発表。

当社所属ライバーである金魚坂めいろが、先日行った配信において、当社との契約の禁止行為に該当する発言をしていたことを確認いたしました。
本件を受けて、本人を交え協議を行い、当社から本人へ厳重注意を行いました。
その後、本人から引退の申し出があり、当社は申し出を受理し、合意解約に至りました。

その他にも契約違反の事実を確認したため、10月19日に改めて契約解除を通知したようです。

活動休止し、引退を決意していたことを告白

金魚坂は、9月3日以降配信活動を休止しており、9月24日のライブ配信で、事情を説明しました。

ネット上では「アンチのせいではないか」と噂されていましたが、金魚坂はこれを否定。

活動休止の理由について、デビュー翌日から何者かから“嫌がらせ”を受けていたらしく、運営と対応を協議していたためと説明しました。
金魚坂は、デビュー当初からVTuberの活動に不安を感じていたようで、引退が一度受諾され、契約解除の一歩手前まで到達していたことも明らかにしていました。

その後、先輩のVTuberの引き止めもあり、引退を撤回。
問題は解決していないものの、もうしばらく活動を続けると表明していました。

(関連記事「活動休止のVTuber、“嫌がらせ”で引退決めていたと告白。 詳細明かされず、視聴者はモヤモヤ」)

「契約の禁止行為の概要を明示してください」

最終的に、活動再開には至らなかった金魚坂。
ファンの中では、にじさんじの内情についてさまざまな憶測が飛び交っています。

にじさんじの公式ツイッターには、

契約の禁止行為の概要を明示してください。

一般企業的にはリストラって所か…
やっと見つけた居場所だったろうに。可哀そう…

と、納得のいかない視聴者の声が集まっていました。

(10月22日追記)
にじさんじが契約解除に至る経緯を改めて説明しました。
(関連記事「にじさんじ、金魚坂めいろ契約解除の経緯を説明。発端は夢月ロアの申し入れ」)