キットチャンネルの騒動が民事裁判に発展。
英翔は意味深なnoteを投稿

元「キットチャンネル」(登録者数33万人)の「英翔(えいと)」が、騒動について語りました。

3月に決別した“元女子”2人組YouTuber

キットチャンネルは「英翔」と「奏太(かなた)」の“元女子”2人組YouTuber。
LGBTだからこそ発信できる情報を動画に投稿しており、人気を集めていました。

しかし、2020年1月末に英翔は奏太が突如失踪したことを報告。
一方の奏太は数日後に個人チャンネルを立ち上げ、両者の間でトラブルがあったことを発表し、事実上の解散状態となりました。

さらに3月、奏太への暴行容疑で英翔が逮捕されたと報じられると、奏太は「この先僕が英翔くんと一緒に活動することはありません」と発言し、キットチャンネルは3年の活動に幕をおろしました。

関連記事
LGBTのYouTuber「キットチャンネル」が“温度差”により事実上の解散か
LGBTのYouTuber「キットチャンネル」の原英翔が相方への暴行で逮捕される
LGBTの「キットチャンネル」奏太が逮捕の相方と決別宣言、解散へ
傷害で逮捕の元キットチャンネル「英翔」が釈放後初投稿も、「反省してる気がない」と低評価84%

騒動は民事裁判に発展

英翔は自身のチャンネル「8チャンネル/エラズキッチン」(登録者数3万人)で「キットチャンネルの件について」を投稿。
キットチャンネルの騒動が、民事裁判に発展したことを明らかにしました。

英翔は、「非のあるところは反省して改め」としつつも、

事実と異なる部分に関しては、証拠書類を提示して反論、反訴していく予定です。

と、法廷で戦う姿勢をみせています。

さらに、キットチャンネルの騒動について、ニュースサイト『AERAdot.』より記事が公開され、英翔も取材に応じたことも発信。
(記事「逮捕劇にまで発展した二人組LGBT YouTuber「キットチャンネル」 元相方の“不可解な行動”と主張の違い」)

記事の内容は、英翔と関係者A氏、英翔の妹である智美の証言のもと、騒動について真相を語るというもの。

キットチャンネルの収益の振込先が何者かにより変更されたことや、奏太が検索したと思われる「犯罪歴 YouTube 収益化」という検索履歴など、奏太の不可解な言動をまとめたものでした。

低評価率は88%

この動画は、10月20日15時現在、約6万回再生され、高評価388、低評価2854。
低評価率は88%と厳しい評価が集まっています。

コメント欄では、

なぜ、わざわざユーチューブに動画アップするの?ここから、奏太くんとの違い感じる。被害者は奏太くんなのに…

汚名返上したのかもしれませんが、裁判の事は言わない方がいいのでは

どんだけかなたを引きずり下ろしたいんだよそうにしか見えないんだけど

と、英翔に対して批判的な意見が集まっています。

 

次ページ:「嘘が本当になってしまう病気?」

1 2