『深イイ話』が総再生数20億回のスーパー小学生姉妹・はねまりに初密着。
こだわりの自宅も公開

10月19日放送の『人生が変わる1分間の深イイ話』(日本テレビ系)に、「はねまりチャンネルHane & Mari’s World」(登録者数370万人)の家族が出演。自宅を公開しました。

総再生回数20億回

はねまりは、小学3年生のはねちゃん、小学生1年生のまりちゃんという2人姉妹。

ごっこ遊びや、アスレチック体験などを単純に見せるのではなく、オリジナルストーリー仕立ての動画が好評です。

また、姉妹の可愛い寸劇の中に、ポップな効果音や、吹き出しなどが取り入れられ、見る者を飽きさせません。

こちらの動画「The boo boo song 手当ごっこ!アンパンマン・プリキュア・ディズニープリンセスのばんそこうを貼って!おままごと – はねまりチャンネル」も、2人が外で遊んでいる途中にケガをしてしまい、お父さんが絆創膏を貼ってあげるという展開の動画ですが、最後まで楽しさ満載です。

番組では、そんな動画の数々について「総再生回数20億回以上」と紹介され、

ディズニーばりのハイレベルな編集技術

とも評されていました。さらに、その秘密として、

これを手がけているのが、はねまりパパ。
もともと金融系のシステム管理の仕事をしていたそうですが、5年前YouTubeを始めて以来、独学で技術を磨き、今やプロ並みの腕前

と解説されていました。

はねまりの自宅にカメラが潜入

今回『深イイ』は、はねまりファミリーの自宅に潜入。そこは1年前に購入したという一軒家。

テレビ初密着ということで、はねまりパパはド緊張ですが、姉妹は大はしゃぎ。

2階をあがった姉妹の部屋には、服がたくさんありました。
その理由について、はねまりパパは「毎回同じ服だと視聴者がつまらない」と告白。撮影用の物が多いようです。

さらに「普通の家にない部屋」ということで、YouTube用の撮影スタジオも公開。いつでも撮れるよう、昨年、和室を大改造したそうです。

YouTubeを始めたのは、はねちゃんの一言

そんな「はねまりチャンネル」は、はねちゃんのこの一言から幕を開けました。

パパとYouTubeやってみたい

これを言ったのは、彼女がまだ3歳のとき。なんと、他のYouTuberを見て刺激を受けたそうです。
そこで、はねちゃんは3歳にしてYouTuberデビュー。続いて、まりちゃんもわずか1歳でデビューしました。

ただ当時、動画はママが編集し、はねまりパパは仕事の合間を縫って協力していたそうです。

パパはその頃を振り返り、

帰宅は夜9時半で子どもにも会えない
週末も休みなしだった

と、とにかく仕事に追われていたそうです。そこで2年前、意を決して退職し、YouTube1本で勝負することに。

そんなパパと同じく、はねまりチャンネルの人気を支える立役者として紹介されていたのが、はねまりママ。
現在は、娘たちを撮るカメラマンという役割だけではなく、動画の企画構成も担当。カット割りや演技プランも考えているそうです。

これからは、家族でYouTubeを撮るファミリーYouTuberがもっと増えていくのかもしれません。