「怖かった」「手震えた」 はじめしゃちょー、
ヒカキンに“日本一のYouTuber”の重圧を吐露

2020年10月22日、「ヒカキン」(登録者数871万人)が、「はじめしゃちょー」(登録者数896万人)とのコラボ動画「『日本一のYouTuber』ってなんなのさ」を投稿しました。

“日本一のYouTuber”の基準は?

テレビやネットニュースでよく見かける「トップYouTuber」という言葉。
「トップYouTuber」としてメディアに取り上げられることが多いヒカキン・はじめしゃちょーは、いずれも登録者数が日本一のチャンネルだった経験を持つYouTuberです。

HikakinTVは2016年にはじめしゃちょーに抜かれるまで、はじめしゃちょーは今年8月に「キッズライン」(登録者数1210万人)が登録者数を公開するまで、日本一の登録者を持つチャンネルとして知られていました。
(関連記事:キッズラインがチャンネル登録者数を公開。はじめしゃちょーに313万人の大差で日本1位に

そんなヒカキンですが、

日本一のYouTuberって、何なん?
日本一のYouTuberって、誰なん?

という疑問が浮かんだそう。
今回はその基準についてはじめしゃちょーと議論するようです。

YouTube

はじめしゃちょー「やっぱりヒカキンさんが1番」

最初にはじめしゃちょーは

いきなり結論みたいな話していいですか?(中略)
個人的にはですけど、僕はやっぱりヒカキンさんが1番だと思ってます

と断言します。
ヒカキンは登録数では日本一ではありませんが、テレビへの出演をはじめ、さまざまなシーンでYouTuberとして「先陣を切って」いたのがヒカキンであった、ということが理由だそう。

僕は多分もう何があろうと、ヒカキンさんを永遠に“親分”と呼び続けますよ

ヒカキンもはじめをリスペクト。「はじめとは深い絆がある」

さらにはじめしゃちょーは

親分(ヒカキン)とは、数字っていう仲じゃなくて、これまでの過程とか、歴史的にみても僕リスペクトしてるんで

と話します。

これにヒカキンは「僕もなんすよ」とはじめしゃちょーへのリスペクトを示し、はじめしゃちょーとは「絆がある」と話します。
YouTuberという言葉が世に出始めてきた頃から、ソロYouTuberとして頑張ってきた者同士の「友情みたいなものがある」といいます。

ソロの辛さを知ってるからこそ、ソロでずっとトップ走り続けて、今もなおこのトップ層にいることをリスペクトしてるんです、僕は。

 

次ページ:登録者数は「今後も見続けたい」と思わせた“功績”

1 2