“Google出身” 実際は業務委託で竹花貴騎が炎上。
田端信太郎「『経歴詐称』と言われても仕方がない」

「Google出身」をうたっていた「竹花貴騎」(登録者数39万人)が、実際には「業務委託」だったことを告白。
これを「田端信太郎」(登録者数4万人)が「「経歴詐称」と言われても仕方がないのでは?」と批判、竹花が炎上する騒動となっています。

YouTubeチャンネルは登録者約40万人

竹花貴騎は、AIを活用した集客サービスなどを手掛けるLim株式会社の創立者で、「MUP」というビジネス系のオンラインサロンも展開しています。
ビジネス系YouTuberとしても活動しており、40万人近くのチャンネル登録者を集めています。

【社会人のための学校MUP】竹花貴騎運営のYouTubeビジネスチャンネル
竹花貴騎(たけはな たかき)。2017年にSNS分析及びSNSマーケティング会社Limを設立。設立3年ですでにライザップやソフトバンクなどの大手を始め13,000社の集客実績を叩き出す。マーケティングが主事業の同社は自社集客ノウハウの強みを活かし国内国外合わせ数十店舗を展開。現在5社をホールディングス化し幅広い事業拡大を国内で行いつつ、2018中旬にアジア展開のため本社機能を香港に移転し現在世界5カ国に事業を展開。(チャンネル概要欄

本当に「Google出身」なのか?

今論点とされているのは、竹花が本当に「Google出身」と言えるのか?という点です。

これまで竹花は、Google出身をウリにビジネスを行ってきました。
例えば2018年のLim社のプレスリリースでは「【元Google出身者が開発】人工知能を活用した集客法”MEO対策”が大注目!」と、Google出身を強調しています。

ZDNET

【会社紹介】
元Google出身者である竹花貴騎によって設立。23歳で東証一部上場グループ海外拠点の最年少COOとして東南アジアを中心に世界で活躍した後、リクルートホールディングス戦略室にて勤務。2017年にSNS分析及びSNSマーケティング会社Limを設立し完全独立。(【元Google出身者が開発】人工知能を活用した集客法”MEO対策”が大注目!

インタビュー記事でも「Google Inc,.に入社」と記載されています。(現在記事は非公開)

名前:竹花貴騎(たけはな たかき)さん
経歴:幼少期から中国・メキシコに留学をするなど、インターナショナルな環境で育つ。スペイン語、日本語、英語の3ヶ国語を操り、ハワイ州立大学卒業後、世界一のテクノロジー企業のGoogle Inc,.に入社。その後22歳にして東証一部上場企業の SMSPH Inc,. の副代表取締役に就任。ハワイ生活が長くサーフィンが趣味という穏やかな性格で、現在は未来の黄金地と言われている東南アジアで活躍中。(CO-media

ほかにも、代理店のページを中心に「元Google出身者」と名乗ったり、「就職」「退職」「転職」など言葉を使って、Googleとのつながりをアピールしていたことが確認できます。

ところが実際には正社員ではなく、業務委託だったことを本人が告白しました。

田端信太郎「『経歴詐称』と言われても仕方がないのでは?」

10月20日、LINE株式会社で上級執行役員を務めた田端信太郎は「インチキ経歴の見抜き方」を動画で投稿。

するとこの動画に竹花がコメントを残しました。

YouTube

これに対し田端は、

貴殿は「Google出身」なのですか?

と返信。すると、

すでにそちらの表現についてはGoogleとは話しも済んでいますが、2013年頃よりGoogleオフィス(六本木ヒルズ)に常勤し業務委託として勤務しておりましたが、「出身」という表現は去年あたり全メディアにて訂正し告知しています。

と、正社員ではなく業務委託として勤務していたことを明かしました。

YouTube

その後、田端は、

竹花さん、貴殿の経営する㈱Limから「Google出身」の記述があるのと、ないのと、2Verのリリースが有るようですが。貴殿は、「Google出身」なんですか? こちらのツイートにリリースのキャプチャも載せてますので、御覧ください。https://twitter.com/tabbata/status/1319927891249885189

これは、常識的には「経歴詐称」と言われても仕方がないのでは? 貴殿は有能な人材と思いますので、お天道様に顔向けの出来る王道を歩んでください

と、追い打ちをかけています。

 

次ページ:業務委託=インターン?との声も

1 2 3