“キャバ王”春木開のインフルエンサー養成講座に入会したYouTuber、
直後に330万円のアップグレード勧められる

“キャバ王”の異名で知られる実業家・インフルエンサーの「春木開」(同4.1万人)のツイートが“パクり”だとして物議を醸しています。

この文章は、「マスザワ内閣」(登録者5万人)が今年1月にツイートした文章と全く同じ。

これ以外にも、他ユーザーの写真を自分が撮影したものとして投稿していたことが発覚し、ネット上で話題となっています。

“キャバ王”という異名で知られる実業家

春木開は“キャバ王”の異名で知られ、『有吉ジャポン』(TBS系)でも取り上げられた人物。

全国のキャバクラに『キャバ王』としてゲストで依頼して頂いて、キャバクラに飲みに行ってお金を頂く、という真新しい形で呼んでいただいてます。(体験入店キャバキャバ

岡山県出身の春木は神戸大学経営学部在学中にネイルサロン起業。
現在は低糖質のシャンパン“ドラゴンシャンパン”のプロデュースなど、さまざまなビジネスを手掛けているようです。

“青汁王子”「三崎優太」(登録者17万人)とも親交が深いらしく、「これからの時代YouTubeだよ!」というアドバイスを受け、昨年春木もYouTubeを始めています。

春木には、上述の“パクツイ”に加え、最近発表した“インフルエンサー養成スクール”の価格があまりに高額だとする指摘も相次いでいます。

 

次ページ:すぐに300万円のプランへのアップグレードを勧められる

1 2