子だくさんYouTuber、12人目を出産。
帝王切開は「おもしろかった」

10月26日、子だくさんYouTuberの「HISAKO」(登録者13.7万人)が動画を更新。12人目を出産したことを報告しました。

25年のキャリアを誇る助産師

11児の母、HISAKOは現在46歳。
平成10年(1998年)から平成28年(2016年)までの18年間で、11人を出産してきました。

実は彼女、キャリア25年の助産師。独立後は助産院「ばぶばぶ」を開院。育児書に縛られがちなママたちに、11人の子どもを育ててきた実体験と知識を伝えています。
なお今年4月、彼女は一家で、これまで住んでいた大阪から、出生率が全国一で子だくさんな一方、若年出産が多く離婚率も高い沖縄に移住。「ばぶばぶ」も、うるま市で再オープンしました。

Twitter

1日1万人以上が愛読しているという子育てブログでは、母乳不足の悩み、赤ちゃんのあせも対策、ピルの服用、息子さんの突然の円形脱毛症など、日常から得られた“生きた情報”をつづっています。座右の銘は“ありのまま”、モットーは“経験こそ学び”だそうです。

(関連記事「助産師YouTuber HISAKOが12人目を妊娠中11人の子育て、離婚、再婚、不妊治療…自分を全うする人生」)

12子目は2695グラムの女の子

今回の動画はその12人目の赤ちゃんの元気な泣き声から始まります。
16日朝9時16分に産まれました。

YouTube

そして時間は戻り、出産当日の朝です。これまで11人を産んでいるせいか、まったく緊張する様子もないHISAKO。病室でくるっと回りながら、嬉しそうにお腹を披露しています。

YouTube

そして数分後、動画は出産後に飛びます。

YouTube

産まれてきてくれたのは女の子。ただし今まで産んできた中で最も軽い2695グラムだったそうで、

一番小っちゃかった。(今までの子どもは)みんな3500超えやったので……大丈夫?

と、我が子の心配もしていました。

「おもしろかった帝王切開」

46歳という年齢のことも考え、帝王切開で臨んだというHISAKO。4日更新した「【緊急報告!】10月12日 第12子、帝王切開決定〜」では、医師に

先生、帝王切開したいやろ?

YouTube

とリクエストし、帝王切開が決まったことを明かしていました。

12度目の出産について振り返った彼女は、

おもしろかったね帝王切開。
麻酔を背中入れるとき「痛いよ」って言われてたけど、たいしたことなかったかな

と感想。また、「麻酔が広がってきたら、下半身がポカポカして足浴しているみたいだった」とも語っていました。

胎盤をプレゼントされる

そしてこのあと、ピンクの袋にくるまれたあるものをカメラに示しながら、「これ、何でしょうか?」と問いかけ、

「胎盤!」

「やったー!」

と大喜び。

YouTube

YouTube

さらに、胎盤を入れた袋を眺めながら、「私が退院するまで冷凍庫で冷凍保存して、帰ったら解凍して…YouTubeでやっていいかな? 説明したいなせっかくだから。ここがああで、これが、さい帯で…とか説明したいな」と抱負を述べていました。

ユーザーからは

おめでとうございます。
赤ちゃんの産声聞いて本当に安心しました

といった祝福の声や、

私は来年1月22日が予定日の47才の妊婦です。ひさこさんには負けますが6人目です(^^)笑笑
ひさこさんの動画を見て勇気をもらってます。

と励まされる人、さらには

胎盤を持ち帰り出来るのに驚きました

と、胎盤を持ち帰ることができることにびっくりする人もいました。

チャンネル名も【11人産んだ】から【12人目妊娠中】に、そして今回から【12人産んだ】に変わったHISAKO。
このあと、また新たにチャンネル名が変わることは果たしてあるのでしょうか。