コレコレ、“裏YouTubeテーマソング”を発表。
炎上YouTuberが多数出演

2020年10月30日、「コレコレ」(登録者123万人)が「【MV】炎上パンチ / コレコレ【裏YouTubeテーマソング】」を公開しました。

炎上経験者が多数出演

「裏YouTubeテーマソング」とあるとおり、「ヒカキン」(登録者数872万人)&「セイキン」(同389万人)の代表曲「YouTubeテーマソング」と対照的な、YouTubeの“裏”を歌った曲になっています。

曲は、「ピッピッピー、コラボレーションお願いします!」と“迷惑系YouTuber”「へずまりゅう」の定番のあいさつでスタート。
リゾートホテルのような場所のあちらこちらで、床に倒れている複数の人物が映し出されますが、これはすべてYouTuber。

概要欄によると、出演したYouTuberは総勢27名で、「かねこあや」(登録者41万人)、「戦慄かなの」(同22万人)、「ゆゆうた」(同141万人)など、過去に炎上や騒動を経験したYouTuberが多数登場します。

YouTube

炎上騒動を踏まえた歌詞

さらに歌詞にも注目。

18歳って聞いてたのに 泊めたらやっぱり児ポ案件でした

肌荒れが いくらひど過ぎたとしても ニベアクリーム風呂なんて スキンケアにも程があるぜ

飼い猫を雑に投げる それだけで 瞬時に焼け野原さ

など、過去実際に起きた炎上を踏まえたものとなっているもよう。

ちなみに「ニベアクリーム風呂」は2015年、「はじめしゃちょー」(登録者896万人)がニベアクリームを100個使った風呂に入って炎上した騒動、「飼い猫を雑に投げる」は2018年、「木下ゆうか」(同549万人)が生配信中に猫を放り投げて批判が殺到した騒動を指すものと思われます。

控え室という名の猛獣の檻

てんちむ」(同146万人)との確執でYouTube界を騒がせたかねこあやは、控え室に貼られた出演者名を撮影し、「控え室という名の猛獣の檻」とツイッターに投稿しています。

生配信中のリストカットで世間を驚かせた「ゆりにゃ」(登録者数9万人)に、アイドルグループ・ZOCの脱退で騒動を起こした戦慄かなの、現在炎上中の望月める(元モノクローン/同1.2万人)など、癖のあるメンバーが多数。
「猛獣の檻」は言い得て妙です。

コレコレだから作れた動画

コメント欄には

いっや金と人脈活用してんなww

本気出したらまだスゲェの撮れそうだけど

コレコレに恨み持っててもおかしくないようなメンバーがこうやって協力してくれてるのが最高に面白い

と、コレコレの人脈をフル活用した豪華なキャストに感動の声が続出。
今やYouTuberに最も恐れられる存在と言われるコレコレ。そのカリスマ性は本物といえるのかもしれません。

出演YouTuber一覧

(チャンネル登録者順/コレコレの動画概要欄参照)
木下ゆうか(549万人)
・モーリー(禁断ボーイズ/189万人)
ラファエル(178万人)?
ゆゆうた(141万人)
たっくーTVれいでぃお(102万人)
うさたにパイセン(41万人)
かねこあや(41万人)
シイナナルミ(41万人)
超無課金/αD代表(28万人)
・戦慄かなの(femme fatale/22万人)
みずにゃん(18万人)
はてにゃん(17万人)
・望月める(元モノクローン/1.2万人)
・斉藤タイチョー(ゆりたいCP/10万人)
たくみなかう(9.8万人)
ゆりにゃ(9.2万人)
コレって恋ですか?(5.8万人)
雑魚ちゃん(2.8万人)
ゆうかん(2.1万人)
しんやっちょ(2.1万人)
Nisekin TV(3400人)