進撃のノアの道頓堀ハロウィン動画に批判集まる。
人混みの中マスクなしで撮影

2020年11月5日、「進撃のノア」(登録者数13万人)が「【進撃のノア】道頓堀ハロウィンで大騒ぎ❤️」を投稿。
新型コロナウイルスに対する意識の低さに批判が集まっています。

進撃のノアは元キャバ嬢のYouTuberで、大阪北新地のクラブ「ランス」の経営者も務めています。

緊急事態宣言下の今年5月には、「水商売の人間」として「いつか世間に認められるような人間、そして職業になればと願ってます」と話し、「17Live(イチナナ)」の配信活動で得た収益を全額大阪府に寄付すると発表していました。
(関連記事「キャバ嬢がライブ配信で億単位の荒稼ぎ。進撃のノアは大阪府に全額寄付を表明【新型コロナ】」)

大阪のハロウィンを練り歩く

今回の動画では、進撃のノアと「春木開」(登録者数4万人)ら3人が、ハロウィンで賑わう大阪・道頓堀界隈を練り歩きます。
3人は、コスプレしている人に声をかけ、最もスゴい・可愛いコスプレをしていた人に賞金を渡します。

道頓堀川にかかる“ひっかけ橋”は、ハロウィンを楽しむ人で前が見えないほど混雑ぶり。
そんな中、可愛い子を見つけてはLINEを交換したり、道端でテキーラを飲んだりするなどはしゃぐの進撃のノアたち。

3人は、いずれもマスク非着用。
映像を見る限りでは、同様にマスクなどの感染対策をしていないひとも多いように見えます。

YouTube

「非常識だしランス背負ってる人間のやる行動ではないです」

この動画は、11月6日16時現在、約4万回再生され、高評価数は718、低評価数は1456。
低評価率は約67%と厳しい評価となっています。

コメント欄では、

ごめんなさい。ノアちゃん好きだったけど失望しました。非常識だしランス背負ってる人間のやる行動ではないです。

かかっても大丈夫?とは心配できない動画でしね、、、マスクうんぬんよりこの時期に集るのが凄いですねwこれで新地に広まっても誰も守ってくれないですよ。

春木さんは毎日東京やあちこち出張、ノアちゃんは店でお客様と接する。しかも動画見る限りはお店もマスクなし、フェイスガードすらせず接客してるみたいだし。
真面目に感染予防してる人、命懸けで働いてる人いること解ってる?って思う動画。

と、批判コメントが殺到しています。

これを受け、進撃のノアはコメント欄で、謝罪文を投稿しています。

動画をご覧いただいたみなさま
今回はコロナ下でマスクをつけず、ハロウィンパーティーを楽しんでしまい、
その模様を動画としてアップしてしまいました
みなさまに不快な思いをさせてしまい、大変申し訳ございませんでした。
以後このようなことがないよう、こちらでも最善を尽くしてまいります。
これからもよろしくお願いいたします。