かねこあやがYouTube活動再開。
“禊”で罰ゲームに挑戦

2020年11月8日、「かねこあや」(登録者数41万人)が「【炎上】かねこがもう限界らしいです」を公開しました。

9カ月にわたる騒動

かねこあやは2月、飼い猫の死を公表。同時にこれが事故死ではなく、殺されたものとの見解を示しました。

その騒ぎの中、10年来の親友であった「てんちむ」(登録者数147万人)との“絶縁騒動”が新たに巻き起こります。
2人のいざこざは裁判にまで発展するとともに、お互いの暴露合戦となりました。

てんちむは豊胸の過去を隠してバストアップ商品を宣伝していたことや、海外での大麻使用などで炎上。
かねこあやは、著書に記した恋人が死んだというエピソードが嘘であることが発覚、自身がプロデュースしたレギンスが、既製品の転用だったのではないかとの疑惑で炎上しました。

10月、てんちむは自身の否を認めた上で、バストアップ商品の返金を表明。
これを受けてか炎上はほぼ鎮火し、むしろ以前よりも勢いを増すまでになっています。

一方のかねこあやは、9月下旬に著書の絶版を報告したものの、動画投稿は止まっており、チャンネル登録者数が徐々に下がっていく状態が続いていました。

活動再開を宣言

今回の動画投稿は、2カ月半ぶり。
動画は、ソファで寝そべるかねこあやに、男性スタッフが「YouTube撮ろう」と声を掛けるところから始まります。

かねこあやはこの誘いを嫌がり、屋外に逃走。
走るかねこをひたすら追いかけるスタッフは、カフェに入ったところでようやくかねこを捕まえ、心境を問いただします。

かねこあやは、愛猫の四十九日の間に「人に裏切られたり」「ハメられたり」したことで、気持ちを整理できないままだった様子。

(騒動で)私のこと嫌いな人はすごい増えたけど、好きでいてくれてる人たちは、ずーっと、まだたくさん残ってくれててる

として、その人達のために「戻んなきゃいけない」と語りました。
一方で、

あまりにも長い間、不特定大多数の人たちの悪意にさらされてさぁ、自分なりに強く生きようとか、
(自分には)「強い」っていうイメージがあるから、そのイメージ通りに生きようともがいてきたけど・・・

「正直逃げたたよね、怖いもん」とも。

それでも「悪意を無視して、善意を向けてくれてる方たち」のため、

すいません、皆さん大変長らくお待たせしました。
かねこあや、YouTube、やるってよ

と活動再開を宣言しました。

タガメ食いで“禊”

動画の後半では、“禊”のためか、視聴者から募集したという“罰ゲーム”にチャレンジします。
罰ゲームは、3日間お茶だけで過ごすチャレンジや、所有している“大人のおもちゃ”の紹介、全身タイツでのダンスに挑戦など。

昨年も挑戦したタガメにも改めてチャレンジしています。
(関連記事「女性YouTuber、罰ゲームでタガメを食べる。あやなんはプチ炎上」)

YouTube

基本、「私以外が悪い」なのね

動画の評価欄は非公開ですが、コメント欄では、

はめられて嫌われたってそうじゃないでしょ。自分が醜い暴露を始めたからみんなが引いてるんだよ。まじでそこをわかった方がいい。自分がやったことが自分に返ってきてるだけだよ。誰かのせいじゃないんだよ。

再開楽しみにしてたけど、まだそういう事言うのかぁ…って悲しくなってしまった( т_т )( т_т )お互い被害者だし加害者なんだから心機一転ねこあやちゃんの楽しい姿見たいです( т_т )

とりあえず自分は何も悪くないって言ってるのは分かった最悪だな

基本、「私以外が悪い」なのね

と、否定的な意見が多くなっています。

 

関連記事
かねこあやの愛猫が亡くなる。本人は「故意の殺害」の可能性を示唆(2月6日)
親友のかねこあやと絶縁、てんちむが生配信で号泣(2月7日)
かねこあや、てんちむとの絶縁の「真相」語る。薬物使用にも言及(8月29日)
てんちむ、海外での大麻使用を認める。豊胸手術隠してサプリ宣伝していたことも発覚(8月30日)
豊胸発覚で炎上のてんちむが謝罪動画を公開。自身プロデュースのブラは返金対応表明(9月2日)
かねこあやがレギンス既製品疑惑を弁明。苦しい言い訳に過ぎない?(9月10日)
かねこあやの著書は絶版に。婚約者の事故死エピソードのウソ受け(9月24日)
炎上のてんちむが動画公開。今後の進退を表明(10月1日)
てんちむ、YouTube急上昇動画トップ3独占。登録者も3万人増で復帰成功か(10月3日)