マホト、かねこあやとのコラボで低評価率7割。
視聴者「この低評価はかねこあやさんに送ります」

2020年11月9日、「マホト」(登録者数67万人)が「炎上?暴露?結局なんなの??舞妓がかねこあやにインタビュー」を公開しました。

マホトは、てんちむとの暴露合戦で炎上し、8日にYouTube活動を再開した「かねこあや」(同41万人)とコラボ。
この動画は低評価率が67%にのぼり、炎上する事態となっています。
(関連記事「かねこあやがYouTube活動再開。“禊”で罰ゲームに挑戦」)

マホトがかねこあやにインタビュー

舞妓に扮したマホトは、「近づく人を傷つける名刀菊一文字系YouTuber」との触れ込みでかねこあやを紹介。
かねこあやへのインタビューと称して、「名前の由来」や「YouTubeを始めたきっかけ」などを質問しました。

いたって普通に回答するかねこあやに対して、マホトは、

ミドルネームがあるんですね。ジャネン。(かねこあやの本名は、かねこ・ジャネン・あやり)
自分の中の邪念も取っ払って。そうでいいんじゃねん?お後がよろしいようで。

と、ダジャレを披露したり、かねこあやにストローを巻きつけジュースを飲むなど、コメディ風の動画に仕立て上げました。

この動画は、炎上を引きずるかねこあやへのマホトからの“助け舟”ともいえる動画とも言えそうです。

ちなみに「一番大変だった動画」について質問された際、かねこあやは「きまぐれクック」(登録者数395万人)とのコラボの動画の話を語りましたが、 きまぐれクックはかねこあやの炎上後、かねこあやとのコラボ動画を削除しています。

YouTube

炎上した者同士語り合う「真実がどうであれ口を開かない」

同日、かねこあやのチャンネルでも、コラボ動画「私の顔の怪我について皆様にお話しなくてはいけない事があります」が公開されました。

マホトは昨年6月、同棲中の元アイドルを殴り傷害容疑で逮捕されましたが、その報道の直前、かねこあやは顔に傷を負ったことを告白する動画を投稿していました。
(関連記事「マホト、同棲中の元アイドルを殴り、傷害で逮捕」)

これがあまりにもタイムリーだったため、一部SNSなどでは、かねこあやはマホトに殴られたのでは?との憶測が出回りました。
(関連記事「マホトが暴行した同棲中の元アイドルとは?」)

この件を2人は改めて否定すると、かねこあやの炎上について触れました。

マホトは、

尖り方間違って滑ってるの一番寒いからマジやめたほうが良いよ

と忠告。

これはかねこあやの発言が炎上を大きくするような事があってのことだと思われますが、かねこあや自身も、

本当にみんなに言われた。弁護士さんにも言われた。
「あなたから携帯を取り上げたい」って笑

と、反省している様子で、「SNSでイキらない」「真実がどうであれ口を開かない」と炎上の先輩のマホトに約束しました。

ちなみに、かねこあや側の動画は、高評価・低評価が非表示になっています。

「この低評価はかねこあやさんに送ります」

これまでに、てんちむとのコラボ動画も複数投稿していたマホト。
マホトは、コメント欄で、

どっち派とか言われるけどそんなのねぇから!!!!w
どっちとも飲み行ったり話したりはしたけどこっち!!!とかはないっす。そういうの興味ないっす。。どっちとも仲良くしたいんで。

と、かねこあやとてんちむとの騒動については興味がなく、「どっちとも仲良くしたい」とコメントしています。

しかし、動画は11月10日14時現在、約15万回再生され、高評価数4200、低評価数8571。
低評価率は67%と厳しい評価となっています。

視聴者からは、

かねこの動画では批判コメント消してるからこっちでは書かれ放題ですね

マホトのやりたい事と視聴者が見たいものが必ず一致するとは限らんからなー…
今回は多くの視聴者が見たいものではなかったな

この低評価はかねこあやさんに送ります

と、依然かねこあやへの批判は止まず、コラボしたマホトにも苦言が集まっています。

関連記事
かねこあやの愛猫が亡くなる。本人は「故意の殺害」の可能性を示唆(2月6日)
親友のかねこあやと絶縁、てんちむが生配信で号泣(2月7日)
かねこあや、てんちむとの絶縁の「真相」語る。薬物使用にも言及(8月29日)
てんちむ、海外での大麻使用を認める。豊胸手術隠してサプリ宣伝していたことも発覚(8月30日)
豊胸発覚で炎上のてんちむが謝罪動画を公開。自身プロデュースのブラは返金対応表明(9月2日)
かねこあやがレギンス既製品疑惑を弁明。苦しい言い訳に過ぎない?(9月10日)
かねこあやの著書は絶版に。婚約者の事故死エピソードのウソ受け(9月24日)
炎上のてんちむが動画公開。今後の進退を表明(10月1日)
てんちむ、YouTube急上昇動画トップ3独占。登録者も3万人増で復帰成功か(10月3日)