コレコレ、ツイキャスをBANされる

2020年11月11日、「コレコレ」(登録者数123万人)がツイキャスを「永久BANされた」とツイートし、ツイキャスからの引退を宣言しました。

リスナーが田口淳之介を荒らして永久BAN?

11日夜、コレコレはゲーム配信プラットフォームのツイッチで生配信を実施し、事情を説明しました。

コレコレによると、10日に実施したツイキャスの生配信で、元KAT-TUNの「田口淳之介」を扱ったとのこと。
そのとき、田口もツイキャスで生配信しており、視聴者数は60~100人程度しかいなかったそう。
コレコレは、リスナーからこれを知らされ田口の配信を確認、自身は「ホントだー、人いない」と言っただけだそうですが、

そしたらですね、僕のリスナーがその田口さんの放送をめちゃめちゃ荒らして、でBANになった

と説明しました。

直接迷惑行為をしたわけではないのにBANされたためか、コレコレは不満げな様子で

(ツイキャスでは)自分のリスナーのケツは拭かなきゃいけないんですよ

と漏らしていました。

実際には1日BANだった

しかし実際には“永久BAN”ではなく、“1日BAN”だったのだとか。
コレコレによると、20日朝にはBANが解除されるそう。

コレコレは当初は永久BANだと思っていたため、

今日の昼ぐらいはマジでブチ切れたけどね

と激怒したようですが、1日で解除されることを知ると「1日なら良くねぇ?」と考え直したそう。

ツイキャスの引退は撤回、今後は「ツイッチもやりたくなったやる」とし、YouTube、ツイキャス、ニコニコ、ツイッチの4つのプラットフォームで活動すると笑って語りました。

ちなみに初配信となったツイッチでも1万6000人の同時視聴者を集めたコレコレ。
ツイッチの雑談カテゴリでは1位になっており、“ツイキャスの王”の異名が伊達ではないことを見せつけています。