ヒカキン、iPhone 12 Proを20日間使った感想は
「ヤベェぐらい好き!」

2020年11月12日、「ヒカキン」(登録k者数875万人)が「iPhone 12 Proを使ってみた感想【レビュー】」を公開、新型iPhone 12 Proを20日間使った感想を語りました。

20日間使っても「テンションが下がらない」

“Apple教”信者を自称するヒカキンですが、今回は「僕が使って思ったこと」を「友達に話してるような感じで」率直にレビューするといいます。

ガジェットを買うときは「テンションが上がるか」を基準にしており、おおむね最高スペックのものを買うヒカキン。
それでも買ったときのテンションは時間とともに下がっていくもの。

しかし、iPhone 12 Proに関しては20日経っても「テンションが下がらない」そう。

理由として「1つダントツで思った」のは「形と画面のキレイさ」。
iPhone 5以来の四角くいデザインを採用したiPhone 12ですが、ヒカキンは

買って持った瞬間に「持ちやす!」と思ったわけですよ

個人差はあるとしつつも、角が丸いデザインに比べると、手に馴染みやすかったようです。

側面がテカテカで四角いのって初めてじゃん。
マジで落ちないのね!(中略)
それがもう最高で、1日中持ってるんですよ! マジで

ヒカキンは「持ってることのウットリ感が最高」といい、あまりの馴染みやすさからか、何年かぶりにケースに入れないで使うことを決めたといいます。

見たことがねぇレベルの美人

さらに、横が四角くなったことによって画面も「超キレイに感じて見やすい」とのこと。
「錯覚も入ってると思う」としつつも、「iPhoneのガラスから液晶がより近く感じる」と語っています。

iPhone 11 Proと比べて0.7ミリ薄くなったiPhone 12 Pro。

5年分ぐらい進化してんだろ!? ってぐらい僕は薄く感じるんですよね

としたヒカキン、

圧倒的に僕はこの角張ったデザインが好きなんだなって思いました。
ヤベェぐらい好き!

と絶賛しました。

興奮気味のヒカキンは、

もうね、このウットリ感は街なかで見たことがねぇくらいのレベルの美人さんとすれ違ってったのを見たかのような

と例えています。

ちなみに角張ったことで、iPhoneを持ったときに指が痛く感じる人もいるようですが、ヒカキンは「まったく感じない」そう。
電池の持ちも十分で、重さは「重いとは感じない」、ゲームなど性能面はもちろん「サクサク動く」とのこと。

11月13日に4機種が揃う

ヒカキンは、

ほんとに画面がきれいに見えて、持ちやすくて(中略)
持った瞬間の嬉しさが、ほんと(iPhone)5以来かな

と、iPhone 12 Proを大絶賛しました。

そんなヒカキンですが、実はiPhone 12 Pro Maxにも興味をそそられているそう。
Pro Maxは動画の手ブレ補正の評判が良いらしく、実際にこの機能と動画の画質が良ければPro Maxに乗り換えることも考えているようです。

iPhone 12シリーズは、11月13日にPro Maxとminiが発売され、4機種が揃います。
どれが良いかについてはヒカキンは、

・iPhone 12 Pro Max
・iPhone 12 Pro
・iPhone 12
・iPhone 12 mini

のラインナップが出揃ってから、店頭で見て判断することを勧めています。
(ヒカキンはもちろん全機種購入予定)