はじめしゃちょー、せんももあいしーに抜かれ登録者ランキング3位に

2020年11月12日、「せんももあいしーCh」がチャンネル登録者数900万人を達成しました。
日本のチャンネルとしては2番目の900万人達成となります。

はじめしゃちょーが2位→3位に

せんももあいしーChは総再生回数63億回を誇るキッズ系チャンネルで、この半年間で150万人も登録者数を増やしており、10月には「HikakinTV」(登録者数875万人)を抜いて、登録者ランキング3位に上昇。
11月11日には、「はじめしゃちょー」(登録者数898万人)を抜き、ランキング2位となりました。

3位となったはじめしゃちょーは、8月に「キッズライン」(登録者数1210万人)に抜かれてトップの座から転落。今回はこれに続いてのランクダウンです。


(※欠落部分は登録者非公開の時期)

日本の登録者ランキングは

1位 キッズライン(1210万人)
2位 せんももあいしーCh(900万人)
3位 はじめしゃちょー(898万人)
4位 HikakinTV(875万人)
5位 フィッシャーズ(652万人)

となります。

ただし現在は登録者数を非公開にしている「タキロン」は700万人を超えており、フィッシャーズを上回っているため、トップ5のうち3つはキッズ系となっています。

関連記事
HikakinTV、せんももあいしーに抜かれチャンネル登録者4位に
せんももあいしーが登録者数を1年ぶりに公開。3位にランクイン
YouTube登録者ランキング、トップ5のうち3つがキッズ系チャンネルに

キッズチャンネルは海外からの登録が多い

ちなみに、キッズ系がこれほど多くの視聴者を獲得できるのは、海外からの登録が多いという事情もあるもよう。
せんももあいしーのパパは、ツイッターで登録者購入疑惑を否定し、インドや東南アジアの登録が多いと投稿しています。

ユーチュラがあるキッズ系チャンネルに取材した際は、9割が海外からの視聴だという回答もありました。
視聴者が幼児であるキッズチャンネルでは、言葉の壁を乗り越えることが容易という背景もあるようです。