小林麻耶、夫と共にYouTubeで“瞑想”動画配信。
「オカルト」「宗教的すぎる」 低評価は85%超え

今月12日、レギュラー出演していた朝の情報番組『グッとラック!』(TBS系列)からの降板を明らかにしたアナウンサーの小林麻耶。
夫と共におこなっているYouTube上での配信活動について、視聴者から疑問の声が寄せられています。

 

YouTubeで15分間の「瞑想」配信

夫と共にYouTubeチャンネル「コバヤシテレビ局」(登録者数1.5万人)を開設し、11月3日に初配信をおこなっていた小林麻耶。
番組の降板が話題となった12日以降、このチャンネルの存在が広く知られるようになったためか、配信内容について視聴者からの批判が相次ぐ事態となっています。

例えば13日に投稿した「コバヤシテレビ局#12」の中では、「瞑想を15分ほど皆さんと一緒にやっていきたいなと思います」と切り出した夫と共に、ひたすら瞑想にふける様子を公開。
時折体を揺らしながらも終始無言でカメラの前に座り続ける異例の配信に、動画コメント欄では「オカルト」「宗教的すぎる」といったコメントと共に低評価が殺到、13日17時時点での低評価率は86.0%(高評価830、低評価5100)となっています。

YouTube

また、11日に配信した「コバヤシテレビ局#10私の自慢は何ですか!?」、12日に配信した「コバヤシテレビ局#11」などといった別の動画についても、いずれも低評価率80%を超える厳しい評価が下されています。

小林の精神面に不安の声も

番組降板と時を同じくして、所属事務所からは「正常なマネジメント業務を行う事が困難になった」ことを理由にマネジメント契約を解消されている小林。
(参考:生島企画室「弊社所属 小林麻耶 に関するお知らせ」)
それに加えてYouTubeでは“スピリチュアル”な配信ばかりおこなっているということもあって、視聴者からは小林のメンタル面を心配する声も上がっています。

それまでのアナウンサー業から一転、突然の変わり身を見せた小林の姿に、視聴者はただ困惑させられるほかないようです。