“TikTok王”じゅんやのYouTubeチャンネルが急伸。
まもなく100万登録達成の見込み

Junya.じゅんや」のチャンネル登録者数が急増しています。

フォロワー数2000万人超えのTikToker

じゅんやとは、フォロワー数は2190万人(11月17日現在)を誇る国内フォロワー数ナンバーワンのTikToker。

「じゅんやダンス」と名付けられたクセになる独特なダンスや、転んだりしてオチが分かりやすいネタ、痛そうなコケ方をしても笑顔を絶やさない姿など、誰にでもわかりやすいオモシロ動画で世界中から人気を集めています。

@junya1gou

HOODIE CHALLENGE パーカーチャレンジ

♬ オリジナル楽曲 – Junya/じゅんや

TikTokのフォロワーは、今年2月頃から爆発的に増加。
2月末に100万人を突破すると、5月には500万人、7月には1000万人を突破し、10月に2000万人を突破しました。
国内2位の「柴犬コマリ」のフォロワー数が600万人ですので、じゅんやのフォロワー数の多さはダントツです。

YouTubeが開設2カ月で登録者100万人に迫る

そんなじゅんやが9月に開設したYouTubeチャンネルが現在絶好調です。

チャンネルは、開設から1カ月あまりで登録者数10万人を突破すると、2カ月で50万人に到達。
その後も勢いは加速度的にアップしており、1日で10万人近く増加する日もあります。


じゅんやの登録者数・再生数

登録者数は現時点で91万人となっており、今日明日中にも100万人に達する見込みです。

ちなみに本日達成した場合は、開設から64日となり、100万人達成日数ランキングでは8位になります。なお、1~8位はすべて芸能人です。

9月にはBAN処分を受けていた

実は以前にもじゅんやはYouTubeチャンネルを開設していたものの、9月にBAN(アカウント停止)の憂き目にあっています。
(関連記事「フォロワー1600万人のTikToker「じゅんや」、YouTubeがBANされる」)

BANされたチャンネルも現在と同様、猛烈な勢いで登録者を増やし、33万人に達していたものの突然BANに。理由は「性的コンテンツのポリシー違反」とされていましたが、性的なコンテンツは投稿されておらず、謎の多いBANでした。

今回のチャンネルはBANを受け、新たに作り直したものと見られます。

無断転載から本人のチャンネルへ流入

じゅんやとコンテンツライセンス契約を結んだCollab Japan社のプレスリリースによると、

本人がYouTubeを始める前にすでに無断転載として存在していた動画の数は300を超え、その動画の月間再生数は6億回を超えていました。(PR TIMES

とのこと。同社は、

(無断転載動画を)ただ単に削除することに留まらず、収益を回収し本人に分配することが可能になりました。
また、無断転載動画からじゅんや氏のチャンネルへの流入を行い、視聴者の定着化を行なっています。

としており、これも爆発的な登録者の増加に貢献しているようです。

 
(11月18日追記)
11月18日、じゅんやが登録者数100万人を達成しました。