ひろゆき、Twitterユーザー名を奪われ、公式マークもなくなる

2020年11月15日、2ちゃんねるの創設者「ひろゆき」(登録者数24万人)がツイッターのユーザー名を変更。
しかし、元々使っていたユーザー名を他人に奪われ、公式マークも無くなる事態となりました。

Twitter

ひろゆきがユーザー名を変更

ツイッターのユーザー名とは、「@〜〜」の形で表示される、ユーザーの正式名称のような存在。
ツイッターへのログインや返信、およびダイレクトメッセージでも使用されます。

ひろゆきのユーザー名は、「@hiroyuki_ni」であったものの、アンダーバーが打ちにくいという理由で、今月15日「@hirox246」に変更していました。

元のユーザー名を奪われ、公式マークもなくなる

ところが、「@hiroyuki_ni」のユーザー名が空いたことで、他人がそのユーザー名に変更。
ひろゆきが使っていたユーザー名が奪われてしまう形となりました。

さらにこれに伴い、著名人や企業のアカウントに付与されるツイッター公認の「公式マーク」も無くなったようです。

関連記事
・「ツイッター公式マーク付きのヒカルの偽アカ出現。ヒカルは「まじで公式の価値も意味もない」と呆れる
ラファエル、公式マークついた偽Twitterが出現。 本物にはないのに
「100万RTで100億円プレゼント」公式マーク付きの偽物”#新ヒカル砲”がTwitterトレンド1位に