てんちむがSM嬢に挑戦。
ムチで叩かれ、首輪で犬のお散歩も

2020年11月18日、「てんちむ」(登録者数149万人)が「SMバーで働いたら新しい自分を見つけました」を公開しました。

炎上以降、銀座のクラブのホステスや、カジノ店員、六本木のショークラブのダンサーなどさまざまな職業を体験しているてんちむですが、今回はなんとSM嬢に挑戦しています。

てんちむがSM嬢に挑戦

店内に入ると、セクシーなコルセットを着用した“女王様”のハナコさんと“M女”のヒナさんがお出迎え。
薄暗い店内の壁にはムチが並び、妖しげな雰囲気が漂います。

今回訪れた「AMARCORD TOKYO」では、来店客の半数は女性で、「ムチ・縄・ロウソクの“三種の神器”」でのプレイが定番だそう。
料金は男性が1時間6000円で、女性は3000円。飲み放題のチャージ込みの価格設定のため、「ムチ打ち(打たれ)放題」とのこと。

ムチで叩かれ、首輪で犬のお散歩も

てんちむは衣装を着替え、まずはM女に挑戦。

M女には「膝をつく、三指をつく、女王様の目を見る、しっかりとお願いする」という挨拶があるらしく、てんちむも「ご調教のほう、よろしくお願いいたします」とひざまずいて挨拶します。

YouTube

続いて“バラ鞭”を体験するてんちむ。
お尻を突き出して、ハナコさんに何度もムチで叩かれますが、意外と楽しい様子で「私、Mなんかも?」とも。

YouTube

首輪を付けられ、犬のポーズでお散歩するてんちむ。
「何してるんだろう?」と言いつつも「楽しい!」「快感です!」と口にします。
ハナコさんによると、「日頃のプライドやらいろんな見栄」を捨てられることが快感に繋がるようです。

YouTube

 

次ページ:女王様役にも「こんなに快感なんだな」

1 2