シバター、ドタキャン理由を知り安保を煽り倒す
「格闘家としては終わった」

現役K-1選手「安保瑠輝也(あんぽるきや)」(登録者28万人)に約束をドタキャンされた「シバター」(同110万人)が、安保が代わりに引き受けた仕事に対して物申しました。

YouTube上で喧嘩

2020年10月、シバターは安保のコラボ依頼に応じ、スパーリング対決をおこないました。
安保は、1戦目はシバターが提案した八百長で勝ちを譲る演出をはさみながらも、“ガチの闘い”2戦目ではシバターを4秒でKOする強さを見せつけました。

完敗したシバターは、新たにパチンコ対決を安保に提案。
シバターは安保のスケジュールを確認したうえで、機材のリース・パチンコ店舗との打ち合わせなど収録の段取りを進めますが、安保からは「同日にABEMAから仕事をもらった」として、収録日をズラせないかと提案されたそう。

予定変更は難しかったため、シバターは安保側にABEMAの収録のほうをズラすよう依頼したそうですが、結局安保はABEMAとの仕事を優先。
約束を反故にされたシバターは怒りのメッセージを動画に投稿し、安保も動画で反論するなど、喧嘩状態となっていました。
しかし、安保の動画には低評価が67%(11月11日時点)と厳しい評価が寄せられ、安保が謝罪動画を投稿する事態となりました。

関連記事
K-1元王者・安保瑠輝也がドタキャンを謝罪。視聴者からは別動画のヤラセ指摘も(11月15日)
シバター、安保瑠輝也に約束反故にされ憤慨。安保のアンサー動画は「全て自分本意」と低評価67%(11月11日)
シバター、“引退試合”で元K-1王者・安保瑠輝也と対決。 恒例の戦法通じず、4秒でKO(11月7日)

批判しつつ、先輩としてアドバイスを贈る一面も

11月19日、シバターが「安保がパチンコをドタキャンした理由が判明した。許さない」を公開しました。

シバターは「ABEMAの収録がいったいどういったものだったのか、判明しました」として、安保のツイッターをカメラに見せました。

シバターは

これは、要はあれですわ。
「亀田興毅に買ったら1000万」とか「朝青龍に相撲で勝ったら1000万」とか、そういった類のABEMAの滑ってる企画

と貶したうえで、このために自分との約束を反故にした安保に、

こんなクソくだらねえ、どうしようもなくくだらねえ企画のために、俺のパチンコの企画をドタキャンしたのかよ!?
おい安保、チ〇ポ、イ〇ポ!許さないわよぉ!?

と怒りをあらわにしました。

YouTube

 

次ページは「格闘家としては終わった」

1 2