手越祐也迎えた中田敦彦、
宮迫博之の新番組がYouTube急上昇1位・2位に

2020年11月21日、「中田敦彦」(登録者数318万人)、「宮迫博之」(同116万人)がMCを務めるYouTubeトークバラエティ番組『WinWinWiiin』がスタートしました。

番組は、中田がゲスト(=Winner)の魅力を分析・プレゼンし、聞き手の宮迫がそれを深堀りしていくというもの。
初回ゲストには、“タフでド派手なスター”として「手越祐也」(同162万人)が出演し、テレビ番組さながらの豪華なスタジオセットを前に、トークが繰り広げられました。
(前編は中田、後半は宮迫のチャンネルで投稿されています)

宮迫「1回で絶対終わらせられないんです」

番組の冒頭で宮迫は、中田が吉本興業所属であることを踏まえ、

すごく不思議な番組。(中略)
1回では絶対終わらせられないんです!

と意気込みを語っています。

記念すべき初回ゲストは手越祐也

そしてゲストの手越を迎える2人。
中田は、大手事務所から退所したもの同士の手越と宮迫のコラボを、

芸能界史上最も熱い交差点

と表現しました。

YouTube

中田が手越を分析

中田は、“闇営業”問題での宮迫の記者会見をイジりつつ、手越の会見を分析。
自分の意志で辞めた手越が、自ら開いた記者会見を皮切りにYouTuberとしてスタートを切ったことを高く評価します。

自分の意志が強く、自分のビジョンを持って、クレバーに計画的に行動してきたという、全く世間のイメージと違う手越祐也が見えてくる。
この会見一発で。これが面白い!

(関連記事「手越祐也、YouTube生配信は同時視聴132万人の日本記録」)

ジャニーズ事務所を辞めた真相

現在のメンバーとの関係性は?

手越は、所属していた『NEWS』のメンバーとの関係は

(親交は)してなくもなく、仲が悪くなってるわけでもなく

と話しました。

事務所との交渉中、実はメンバーとの連絡を遮断されていたそう。
突然退所が決まったこともあり、世話になった番組スタッフやメンバーに挨拶回りができていなことが心残りだと話しました。

ジャニーズ事務所を退所した理由

もともと手越は2020年のツアーが終わったタイミングで辞める決意をしていたそう。
しかし、新型コロナウイルスによって開催自体が危ぶまれる情勢に。

アイドル人生にとしての半年、1年ってめちゃめちゃ大事

と語る手越は、先の見えない状況で、

いつ回復するか分からないウイルスを待っている暇は僕にはない

と考え、今年3月の時点で退所の意向をメンバーを伝え、自分で責任を取って活動できる「個人」に身を置くことを決意したといいます。

日本の芸能界を変えていきたい

手越は、世界的人気を誇る韓国のアイドルグループ『BTS』(登録者数4080万人)に言及し、「日本の今の芸能界では絶対勝てない努力をしている」とし、「日本も負けなようにビルボード1位を取れるくらいの仕掛けをしたい」と話します。

手越は、日本人の“石橋を叩いて渡る”やり方にも疑問を投げかけます。
8月にスキャンダルで活動自粛し、10月にジャニーズを退所した「山下智久」について触れると、

あの事件レベルのことで、あそこまで実力があってスーパースターの人を謹慎にしちゃうとか、潰しちゃうっていう日本の芸能界をやっている以上、海外には絶対勝てないなって思ったんです。

と、出る杭が打たれる日本の芸能界の風潮に異を唱えました。

 

次ページ:手越祐也チャンネルの歴史

1 2 3