ゲーム実況者オパシ、ファンと関係を持つときの“裏ルール”を語る

2020年11月23日、「オパシ」(登録者数53万人)が「【いいとも#296】あの有名プロゲーマーがとんでもない罪状で逮捕された件ww【荒野行動】」を投稿。
ファンと関係を持つときの“裏ルール”や、夢を持つことについて持論を展開しました。

ちなみにオパシは、今年2月、ファンと関係を持ったことをカミングアウトしています。
(関連記事「人気ゲーム実況者オパシが“オフパコ”をカミングアウト」)

“オフパコ”論を語る

今年10月、未成年女性を自宅に連れ込んでわいせつな行為をしたとして、プロゲーマーの浅野可意容疑者の逮捕が報じられていました。
(関連記事「未成年女性へのわいせつ行為で元プロゲーマー逮捕。eスポーツ界で不祥事相次ぐ」)

逮捕された容疑は「強制性交等とわいせつ目的誘拐の疑い」というもの。

これにオパシは、

中学生を家に連れ込んでパコっただけなんですよ。

よくあるじゃないですかオフパコなんて。そこら中でみんなしてますよ。
でも相手が中学生で家に連れ込むと、誘拐及び強姦みたいな扱いになるんですよ。

と話し、訴えられずにファンと遊ぶ“裏ルール”について語ります。
(関連記事「意外と知らない「未成年者との性交渉」ルール【弁護士が解説】」)

ファンと遊ぶときの“裏ルール”

オパシ曰く、関係を持った際は、合意の上であったにもかかわらず、後になって女性が「無理やりされた」と言い張るパターンが多いそう。

オパシによると、YouTuberの中では、

基本的に女の子が無理やりされたって言い張れそうな状況下では、ち○ちんを挿れてはいけない

という“裏ルール”があるそう。

また、女の子に盗撮や録音されやすいため、

ファンの女の家に行ってはならない

とも語っています。

さらに、ホテルでの性行為が合意の上であることの証拠は、

チェックアウトするときに仲良くしているかどうか

が焦点になってくるといい、YouTuberがファンと遊ぶ際には、合意の上である証拠を押さえておくことが大事だと語りました。

 

次ページ:夢はあるに越したことないけど、なくてもいい

1 2