メンツ丸つぶれ? ヒカルの『パワプロ』実況配信、
同接5万人目指すも2万人にすら届かず

ヒカル」(登録者数423万人)が25日、モバイルゲーム『実況パワフルプロ野球』の新作シナリオを先行プレイする生配信を実施。
同時接続(同接)5万人を目指しましたが、目標を大幅に下回る結果に終わりました。

『パワプロ』新シナリオを日本最速プレイ

株式会社コナミデジタルエンタテインメントは25日、『実況パワフルプロ野球』の新シナリオを、26日より配信することを発表。
(参考:PRTIMES「『パワプロアプリ』 新シナリオ「戦国高校」あすから配信! 6周年キャンペーンもスタート!」)

今回の新シナリオは、その名の通り、戦国時代が舞台。名だたる大名たちとの合戦に勝利して、「天下統一」を目指しながら強力な選手を育成しよう!

同日にはヒカルのチャンネルで生配信「【日本最速プレイ】新サクセスの戦国高校で同接5万チャレンジ!ReZARDコラボ服も販売スタート!!」がおこなわれ、新シナリオを“日本最速”でプレイする様子が公開されました。

 

同接5万人を目指すも…

この日の生配信では、生配信への同時接続数に応じて、アプリ内でさまざまなプレゼントがもらえるキャンペーンも開催。

同時接続数 10,000人 戦国高校ガチャ券×1
同時接続数 20,000人 無料10連ガチャ×1日

同時接続数 50,000人 初回は戦国高校キャラ(SR)1枚確定&無料10連ガチャ×7日

最大5万人に達すると豪華なプレゼントが獲得できるとのことで、ヒカルは「5万人(達成のため)みんなの力で頑張ってくれ」「パワプロユーザーがどこまで本気出すか」と、アプリユーザーに協力を呼びかけました。

配信開始からわずか数分で同時接続数1万人を突破したものの、その後5時間続いた配信において、同時接続数は最大2万人にすら到達することなく終了。
ヒカルは企画説明中も「これ(同時接続数1万人のプレゼントは)ぶっちゃけ大した事ないです」「(2万人のプレゼントは)まあまあ、そこそこ」などと話していただけに、メンツ丸つぶれの結果に「結構残念な結果ですね…」「うわぁ、キツかったな今回」と落胆する様子も見せました。

以前にも同接5万人目指して失敗

今年7月にも、『パワプロ』の新シナリオを先行プレイする生配信を実施していたヒカル。
当時も目標5万人を掲げていたものの、最高同時接続数は4万人をわずかに下回る結果に終わっていました。

 

前回すら大きく下回る結果には、視聴者からは厳しい意見も寄せられています。

動画の低評価率はは26日15時時点で17.0%(高評価9300、低評価1700)となっているほか、コメント欄では「忙しいのはわかるがもうちょいこの生配信を告知したり、盛り上げるように事前準備したりしてほしかった」「パワプロのアプリやってる自分たちからするとほんとにガッカリです」と結果を残念がる声が。
普段ヒカルが生配信をあまりやっていないことを受けてか、「目標がデカすぎたね」「コナミはもう少し報酬の目標を現実的な数字にした方がいいんじゃない?」と、目標設定に対する疑問の声も上がっています。