「自殺しようとしたことある」朝倉未来が過去の“闇”を明かす

2020年11月28日、「朝倉未来」(登録者162万人)がサブチャンネル「ふわっとmikuruチャンネル」(同30万人)にて「朝倉未来の闇の過去について聞いてみた」を公開。自身の過去を語りました。

「俺の闇にも迫ってみたい?」

メンバー「佐々木くん」が最近BMWのオープンカーを買ったということで、朝倉未来が「じゃあ俺運転させてもらおうかな」と言い出し、一同は朝倉の運転で事務所に向かうことに。

サブチャンネルではメンバーが過去話をするのが恒例となっていることから、朝倉は「俺の“闇”にも迫ってみたい?」とボソリ。
佐々木くんが「この(動画の)タイトルそれにしますか」と拾ったところで、企画がスタートします。

中学時代に自殺を考えた

朝倉は「まだ話したことない」自身の過去の“闇”として、

自殺しようとしたことある

と告白します。

朝倉は中学時代、決められた人生を平凡に歩む未来が見えてしまい、世の中が「つまらんな」と思ったそう。
行動に移したわけではないようですが、特に飛び降り自殺は何度も検討したそうです。

死を望む朝倉をこの世に引き止めたのは「喧嘩とかの刺激」。
「もともと俺めちゃ臆病だった」朝倉は、中学時代に「死んでもいい」と考えられるようになってから「イカれた人」に変身。
以降、朝倉は喧嘩など非行に走ることになりますが、それが現在の格闘家としての成功に繋がっていきます。

「自殺してもいい」から、本当に「めちゃめちゃ気が強いやつ」みたいに変わったよね
(中略)そこのマインドがあるからずっと生きてますよね、試合でもそうだし。「死んでもいいかな」って。

「怖いもの知らず」の感覚を得たことが、朝倉の強さの秘訣なのかもしれません。