“ゲーム実況”と“生配信のコメント”がリアルタイムで連動。
加藤純一のファンが600時間かけて作ったゲームが話題

ゲーム実況YouTuber「加藤純一」(登録者数68万人)が、ファンが作った加藤純一専用ゲーム「加藤純一TALE」をプレイ。
生配信のゲーム実況と視聴者のコメントがリアルタイムで連動する、斬新なゲームが話題になっています。

ファンが600時間かけて作った加藤純一専用ゲーム「加藤純一TALE」をプレイ

2020年12月2日、加藤は「視聴者が600時間かけて作りし『加藤純一TALE』をやる」を生配信しました。

ある日、加藤の元に視聴者から、

加藤純一さん。僕が600時間かけて作ったこの「加藤純一TALE」をやっていただけませんか?

というメールが寄せられたそう。

この「加藤純一TALE」は、加藤も過去にプレイしたことのある人気ゲーム「UNDERTALE」のパロディゲーム。
イラストやアニメーション、ストーリーまで加藤純一仕様に作り込まれている、まさに“加藤純一専用ゲーム”です。
(動画「[ファンゲーム]加藤純一物語」)

ゲームBGM・効果音は製作者のオリジナル

ゲーム内のBGMは、加藤が過去に実況した「ポケットモンスター」や「UNDERTALE」、歌ったことのある「ドラゴンエネルギー」、「大地讃頌」、「夏色」、縁のある「ニコニコ動画の時報」などのメロディーをミックス。
これら全ては、製作者が自作したものだそうで、ニコニコ動画には音源が投稿されています。
(動画「[加藤純一物語]戦闘BGM」)

さらに、ゲーム内の効果音は、加藤の生放送から抜き出したもの。
コマンドには、「きんしん(謹慎)」「どうせつ(同時接続者数)」「ペクス(APEX)」など、加藤ならではの要素が細部まで盛り込まれており、加藤純一ファンにはたまらないゲームとなっています。

関連記事
ゲーム実況者「加藤純一」、ポケモン生配信で同時視聴11万人を記録
加藤純一が1カ月の謹慎を発表
加藤純一が1カ月の謹慎から復帰。同時視聴者は自己最高の14万人を記録

YouTube

クリアまでに7時間の高難易度

加藤は、高難易度のゲームを長時間プレイすることが多く、粘り強い実況プレイに定評があります。
(関連記事「加藤純一がマリオの1ステージに10時間連続、765回もチャレンジ。 執念のプレイはYouTube急上昇1位に」)

このゲームもかなり難易度が高く、初日はその1その2合わせて4時間半プレイするも、クリアを断念。


翌日の12月3日、加藤は「視聴者が600時間かけて作りし「加藤純一TALE」をやる。最終回」を生配信し、リベンジしました。

 

次ページ:「ゲームとコメントが連動?視聴者と協力してゲームを攻略」

1 2