はじめしゃちょーが有名YouTuberを分析。
セイキンは「天賦の才」、ヒカルは「実は努力してる」

2020年12月16日、「はじめしゃちょーの畑」(登録者数214万人)が「はじめしゃちょーに他のYouTuberのこと聞いてみた」を投稿しました。

はじめしゃちょー、有名YouTuberを分析

トップYouTuberのはじめしゃちょー自らが有名YouTuberを“分析”。
グラフの縦軸に「運」「努力・忍耐力」、横軸に「知識・分析」「想像力・気持ち」を設定し、YouTuberを当てはめていきます。

YouTube

ちなみにYouTuberの選出基準は「第一線で活躍している男性マルチクリエイター」というもの。
「全員全ての力を持っているのは前提」として「強いていうなら」と、突出している部分を分析します。

はじめしゃちょー自身を分析

まずははじめしゃちょー自身から。
はじめしゃちょーは自分の縦軸の能力について、「運は絶対ある」「始めた時期も良かった」としながらも、

自分で言うのも恥ずかしいけど、たぶん運も努力もあるから

と、縦軸は“気持ち”運寄りのニュートラルにポジショニング。
横軸は「『知らないこと』を武器にしていることが多い」とし、やや想像力寄りに設定しました。

YouTube

水溜りボンドはどうか?

はじめしゃちょーは続いて「ヒカキン」(登録者数880万人)、「マホト」(同69万人)と古参の大物YouTuberを分析し、ヒカキンは「努力の賜物」と評価し、真ん中の一番下に配置しました。

次に「水溜りボンド」(同429万人)について考えます。
水溜りボンドといえば、トップYouTuberとしての地位を確立したものの、最近では再生数の低迷やチャンネル登録者数の減少により、巷では“オワコン”と指摘されることもあります。

水溜りボンドはオワコンなのか?

水溜りボンド・トミーが丸坊主に。 ファンの指摘受け止め「悲しませてしまって本当にごめんなさい」

はじめしゃちょーは水溜りボンドについて

毎日投稿が主流じゃないときに毎日投稿してるんで、努力はしてると思います

と、縦軸には努力寄りに設定。
横軸は、

どっちかというと研究してるんですよね、カンタとか

と、カンタのYouTubeに対する分析力を評価。

ちなみにカンタは、YouTubeへのあまりのストイックさから、他のYouTuberに“YouTubeロボ”と称されることもあるほどです。
一時期は、はじめしゃちょーの動画のサムネイルを全てコピーしてファイリングし、持ち歩いていたこともあったそうです。

グラフでは右下の位置に落ち着きました。

YouTube

 

次ページ:ヒカル、がーどまん、すしりく、セイキンを分析

1 2