YouTubeが2020年のカルチャー&トレンドレポートを発表。
VTuber・シニアクリエイターが世界へ広がる

2020年12月13日、YouTubeは2020年のカルチャー&トレンドレポートを発表しました。

イントロダクションの動画では、レポートを作成した理由として

ポップカルチャーの歴史において貴重な調査の機会だからです。
この1年は世界中で大きな出来事があり 変化の重要な局面になったように感じます

と述べられています。
YouTubeは2020年のトレンドとして、①「新時代のクリエイター」の台頭、 ②「インタラクティブな視聴者」の増加、 ③「困難な状況に立ち向かう」ためのデジタルツールの利用 を例に挙げました。

「新時代のクリエイター」VTuberの台頭

YouTubeが「新時代のクリエイター」としたVTuberは、2016年後半に登場した「キズナアイ」(登録者数288万人)がブームを牽引。
YouTubeはキズナアイの登場を「日本のバーチャル伝説が誕生した瞬間」と表現しています。

そこからVTuberが増えた理由として、VTuberに必要な「モーショントラッキング」と「顔検出テクノロジー」の技術が広く普及したことを挙げ、それによって

自分の本当の顔ではなく、アバターを使って出演するクリエイターの数が増えました

と述べています。

YouTubeは、技術進歩によってVTuberのあり方が変わったことにも言及。
当初VTuberのコンテンツは、ウェブカメラと顔追跡ソフトを使用した短い動画でしたが、次第に全身のモーションも取り入れられるようになり、「洗練されたライブイベント」に変貌を遂げたと解説しています。

世界に広がるVTuberのフォーマット

YouTubeは、ライブ配信を通したファンとの交流が盛んになったことで、「にじさんじ」(登録者数49万人)「ホロライブ」(82万人)などのVTuberのみを手がける制作会社が誕生したことにも触れています。

こうした会社の尽力もあって、成功したキャラクターの言葉は多言語に翻訳され、VTuberという“フォーマット”が日本にとどまらず世界中に広がったとYouTubeは分析しています。
例として、英語圏の視聴者をメインターゲットに活動し、デビューから1カ月あまりで登録者数100万人を達成したホロライブ所属のVTuber「Gawr Gura」(登録者数137万人)が挙げられていました。

現在VTuberは主に米国、東南アジア、ヨーロッパなどで視聴者を獲得していますが、YouTubeの調査によると、YouTubeの視聴者の「半数近く」が、

「フィクション」または「アニメ化されたクリエイター」の動画を見てもいい

と回答しているとのこと。このことから

アバターでも人間のパーソナリティと同等かそれ以上の忠誠心とエンゲージメントをファンから引き出せる

という事実が見えたようです。

シニアクリエイターの台頭

YouTubeは「新時代のクリエイター」としてシニアクリエイターも取り上げています。

メキシコの高齢YouTuberである「Tito Charly(ティト・チャーリー)」(登録者数48万人)は、以前までメキシコのスーパーで勤務していましたが、新型コロナウイルスの影響で失業します。

その直後、YouTubeチャンネルを開設、“料理系”YouTuberとして毎日料理のレシピを紹介する動画を投稿し始めました。
2020年のニーズにぴったり合ったようで、2カ月で50万人近い登録者を集めることに成功しました。

YouTube

ティト・チャーリー以外にも、ASMR動画を制作する67歳のフランス人YouTuber「Mamie Zizette」(登録者数3.2万人)、ドイツのシニアゲーマー集団「Senioren Zocken」(同73万人)などバラエティに富んだシニアクリエイター達が紹介されています。

日本からも、90歳のおばあちゃんゲーム実況者「Gamer Grandma」(同47万人)が紹介されました。

 

次ページ:「インタラクティブな視聴者」の増加

1 2