東海オンエア・てつや、
初エッセイ出版に合わせ2300万円のBMWを宣伝カーに改造

東海オンエア」(登録者数564万人)のリーダー・てつやの初エッセイ本『天才の根源』が、今月18日に発売されました。

直前に仕様変更?出版の裏エピソード明かす

この日、てつやは個人チャンネル「動画アップロードチャンネル」(登録者数80万人)にて、動画「【天才の根源】本を発売したので2,300万円の宣伝カー作ってみた」を公開。
自身初のエッセイ本について、

僕が一体どういう人間なのかとか、どういう考えを持っているのか、どう育ってきたのか、そういうことが書いてある本だったりします

と本の内容を紹介すると、「みなさんもぜひ手にとってみてください」とファンに呼びかけました。

実は今回、エッセイ本を出版するにあたって、てつやは思いもよらぬトラブルに遭遇したというてつや。

僕が個人的に驚いたのがですね、ここ(ページ縁)のオレンジ色、最初は全部(ページ全体)オレンジ色の予定だったんですよ。

なんで最終的にページの縁だけになってしまったかっていうと、インクが足りなかったらしくて。
本作るときにインクが足りないなんてあるの?って思ったんですけど。

なんでも、本のページ全体を自身のトレードカラーの「オレンジ色」に染めようとしたところ、印刷直前にインクがまったく足りないことが発覚。
ただ改めて印刷してみると、「意外とこっちのほうがいいんじゃね?」との結論に至ったとのことで、本の仕上がりには満足げな表情を浮かべました。

YouTube

2300万円の愛車を宣伝カーに

てつやにとって初のエッセイ本の出版となった今回、発行元のKADOKAWAから提示された初版部数は「7万部」。
「それ(7万部)を超えて重版にこぎつけれたら嬉しいなということで」との野望も語る一方で、「珍しくプレッシャー感じておりまして」「売れなかったらやばいと思ってる」と話すてつやは、本の宣伝のために“とある企画”を用意したことを明らかにしました。

宣伝活動頑張っていかないといけないと思いまして…。
このたび私、愛車の “BMW i8 Roadster” 2300万円、こちらをですね、宣伝カーにしました。

動画内では、本の表紙や書籍の購入リンク、「待望の初エッセイ!」「東海オンエア てつや 一人の天才の27年間をまとめた本!」といった謳い文句でラッピングされたド派手な車体も披露されています。

YouTube

こうして並々ならぬ覚悟と本気を見せたてつやですが、果たしてこの宣伝カーは本の売上にどれくらい貢献することができるのでしょうか?

■概要
『天才の根源』
てつや 著(株式会社KADOKAWA、2020年)
Amazonの販売ページ

東海オンエア、2300万円のBMW納車も「高すぎるおもちゃ」扱いで視聴者驚愕